環境に優しい家を作るためのアイディア

環境に優しいく生きるということは、いまや世界中で最新のドレンドとなっています。資源も地球も有限であるということに人々が気づき始めるにつれ、持続可能性が叫ばれるようになりました。この傾向は、芸術家や建築家、自動車や器機メーカーにおいても見られます。一般の人も、環境への貢献というだけでなく、光熱費削減のために自身の家に地球に優しいアイディアを取り入れています。環境に優しい指針に沿った家に建て替えることができなくても、何かを少し変えるだけで、あなたの家の環境に優しい部分を増やすことができます。そのためのアイディアを見てみましょう。

Eco friendly homes

1. グリーンウォール

”グリーンウォール”は、植物でできた文字通り「緑の壁」です。商業施設や高級店などで盛んに採用されるようになったグリーンウォールは、自然の空気濾過システムとして完璧なだけでなく、装飾としても美しいのが特徴です。フレームを作り、好きな植物を選ぶだけです。また苗木を差し込んで植物を大きくしていくために、木には穴を開けましょう。また土を入れるためにパネルを2枚組み立てます。グリーンウォールは、あまり場所をとらず、複雑な木工作業も必要ありません。

2. ヘンプクリート

ヘンプ(大麻)は吸うと中毒症状を起こすことが知られています。しかしこの環境に優しい植物には吸ってハイになるだけではない、多くの使用方法があります。栽培にあたって除草剤は不要で、ごく少量の農薬しかいらないこの植物は、断熱や建築に完璧な素材です。石灰と混ぜて作られるヘンプクリートは、継ぎ目がなく、コンクリートよりも頑丈です。ヘンプクリートが持つ湿度調整機能やCO2吸収による空気清浄機能により、今日建築材料として急速に普及しています。木とヘンプクリートをうまく組み合わせて、あなたの家を蘇らせましょう。

3. モジュール・ハウス

家を変えようとお考えなら、モジュール・ハウスで手頃で斬新な住居が実現できます。粗末な外観が大抵の人が家としては好まない古いタイプのプレハブ式と違い、現代のモジュール・ハウスはデザインも耐久性も遥かに優れています。自身で建てるのが難しければ、メーカーから組立キットを購入することができます。伝統的な家よりも小さく、建設の過程での材料の無駄もあまりありません。室内の冷暖房にかかるエネルギーも少なくて済みます。

4. エネルギー効率の良い窓

室内に入る熱をコントロールしたいのであれば、エネルギー効率のよい窓が役立ちます。メーカーは、室内の熱を逃がさない断熱効果を持つ窓や、屋外からの熱で室内が暑くなりすぎないようにする色付きやグレアタイプの窓などを生産するようになっています。これらの窓を使用することにより電気やガスの使用量を減らし、光熱費を節約することができます。窓枠には好みのデザインをしましょう。非金属製の窓枠を使用すれば、室内がより落ち着いた雰囲気になります。ちなみにU値(熱流量を表す数値)が低いものの方が、より効果的です。

5. 再生家具

木製品製造のために世界規模で起こっている木材価格の高騰と過度な伐採への配慮から、再生家具が注目を集めています。使われる再生木材の大半は廃棄場や裏庭や森で集められています。こうした木材が、多くの人に新品同様でありながらユニークなデザインの家具を創りだすインスピレーションを与えているのです。例えばこうした木材の溝や、変わった模様などが家具のデザインそのものに生かされています。

6. ルーフガーデン

屋上にルーフガーデンを作ると、建物の見た目が美しくなるだけでなく、室内を夏は涼しく、冬は暖かく保つことができます。グリーンウォールよりは手がかかりますが、コツさえつかめば自身で作ることができます。ですが、もし自分でやるのが無理な場合には、屋根業者に気軽に連絡してみましょう。家の広さに合わせて植物だけを植えたり、ベンチを置いてみたりしてみましょう。

7. 電子木彫りのドア

このドアは、余った木材から作られます。マツとMDF(中質繊維板/木材チップを蒸煮・解繊したものに合成樹脂を加えて成形したもの)で作られ、断熱性、遮音性があります。また耐火性もあり、退色もしにくいのが特徴です。ユニークなデザインをあなたの家の様々なものに取り入ることは、再生利用に貢献することにつながります。

Today's Top Articles:

Scroll to Top