Home Fashion @ja Clariant社による先進のデニム生産工程

Clariant社による先進のデニム生産工程

by admin

デニムは全世界であらゆる世代に愛されている服装のひとつです。従来のデニム生産では15種類以上の染料や様々な種類の化学物質を扱います。世界中に多くの愛好者がいるので、生産工程全体では大量のエネルギーとともに約2500ガロン(9450リットル)の水を使っています。

Eco Friendly Denim Process

スイスの化学会社であるClariant社は、約92%の水の使用と78%近いコットンの廃棄を削減できる生産工程をつくりました。また、この工程は、約30%のエネルギーも削減できるとされています。この生産工程は、伝統的な染色方法と異なり、たったひとつの染色工程で済みます。持続可能性のような要素は最重要項目となっており、酸を含む水でのデニム洗いで大幅の水分使用量をおさえられる、いわゆる“先進のデニム生産工程”を利用すれば、実質的に無駄な水を使わなくてすみます。この工程でのサイジング加工(布地や糸に糊・樹脂・パラフィンなどで張り・光沢・なめらかさを加える加工)やデニム洗い工程においてすすぎ用の水が必要ありません。デニムの生産には大量の水が必要なので、水の浄化や廃水の問題は大問題を引き起こし環境に関心のある人には歓迎されません。

Eco Friendly Denim Process

Clariant社はこの先進のデニム生産工程を通じて使用者がデニムの生産工程を理解できるようなデニム本も広めています。また、主要な製造メーカと協力して必要な省エネルギーで省消費電力のメリットを享受しようとしており、この取り組みによって水と二酸化炭素の排出量を業界全体で大幅に削減に貢献しています。この環境に優しい先進的な生産工程は、液体硫黄染料剤をベースの環境に配慮された単糖類を使用しています。この生産工程は、効率的で制御が簡単であり、既存の生産ラインに大きな変更が必要ありません。また、この生産工程は、生地の色や色調の効果的な再現が可能です。

出典: gizmag

You may also like