Home Uncategorized ソーラーエネルギーが巻き起こすおかしな騒動

ソーラーエネルギーが巻き起こすおかしな騒動

by Ecofriend1874

環境保護者はソーラーパネルや再生エネルギー装備については熱を上げており、コスト面ではなるべく下げるのではなく、高くてもしっかりしたものを使用するようにと思っているのです。一方で販売メーカー側は安くて手軽に手にはいる製品を、ということで政府に特別免税を求めているのに、アメリカやEU諸国政府は実際には安い中国製のパネルに関税を掛けているのです。果たして高いソーラーパネルを使うのがふさわしいのか、それともそれに固執するがばかりに貴重な機会を失っているのでしょうか?

おかしなアドバイス

再生可能エネルギーをもっと採用すべきだという点については異論を挟む人はいないでしょう。さらに政府もできるだけその動きをサポートするべきです。例えば購入や設置も安く上げられるようにするべきですが、環境保護者は変わった意見を持っているのです。つまり海外から来る安物の製品を使うのではなく、政府はもっと高い製品を使用するように圧力を掛けるべきだというのです。

どこがおかしいのか?

このような環境保護者のおかしなアドバイスは結局ソーラーパネルの普及を妨げて再生エネルギーを使いづらくしています。しかし化石燃料の使用を減らしたければ再生可能エネルギーの使用は必須で、政府と一丸になって安くて簡単に設置できるソーラーパネルの設置を奨励していくべきです。

困ったことに環境保護者だけでなくアメリカやEU諸国政府としても中国製の特別免税には乗り気ではないのです。免税が実現すれば政府はコストパフォーマンスの良い製品が国内に浸透し消費者にとってこれほど良いニュースはないのですが、なぜこんな簡単な理論が政府は分からないのでしょう。

Today's Top Articles:

You may also like