Home Uncategorized 一般大衆向けの低排出ハイブリッドカー10台

一般大衆向けの低排出ハイブリッドカー10台

by admin

Low-emission hybrid car

必要は発明の母であるとは全くその通りです。地球温暖化の問題は、想像が難しいものを人間に発明させることになりました。 ハイブリッドカーは人による最も役立つ発明の1つであると言われていますが、最近その重要性が益々増しています。排気ガスの削減の他、こういった車は騒音も少なく、私達の母なる自然に対してよりやさしいもの。以下でお話するのは、一般の人が利用することができるハイブリッドカーです。

1. レクサス、フランクフルトのオートショーでスタイリッシュなLF-Chをお披露目

LF-Ch hybrid car

HS250hセダンに似ているこのハイブリッド車は、リモートタッチコントローラーや、フィードバックシステムのような、素晴らしい機能をいくつか打ち出しました。前部に設置されているものの1つはまた、オーディオ、気象、ナビゲーションのシステムを簡単に操作することができます。

2. アウディのハイブリッドQ5

Audi’s hybrid Q5

ドイツの自動車メーカーから出されたこの車は、その電気モーターの動力にリチウムイオンバッテリー、またはニッケル水素を使います。この車のいいところは、その3リットルのガソリンエンジンは最前面で300Nmの電力を生成することのできる電気的な技法に依存することができるというところです。

3. VelozziのハイブリッドSOLO

Velozzi’s  hybrid SOLO

2012年に販売されると期待されているSOLOは、ナノチューブや繊維カーボンといった、軽量な素材で作られています。この車は性能の点では他の車を圧倒するといわれており、その最高速度は時速130マイルです。このハイブリッド車の一番いいところは、マイクロタービンテクノロジーで作動しており、これはエタノール、メタノール、ブタノール、ガソリン、ディーゼル、バイオディーゼルや天然ガスなど、 多種多様な燃料で車を走らせることができるということなのです。

4. メルセデスベンツ300 BlueTecディーゼルハイブリッド

E300 BlueTec diesel hybrid

2.2リットルのディーゼルエンジンを搭載したこの車は、ハイブリッドカー市場に、もちろんその競争相手に、混乱を引き起こすように作られています!4つのシリンダーのエンジンは、56mpg異常の十分な走りを可能にします。

5. スバル ハイブリッドカー

Subaru hybrid car

2013年に販売される予定で、スバルはついに、公式にそのハイブリッドカーを発表しました。しかし、この車の詳細な特徴はまだ発表されていません。ですが、情報源が確かなら、この車はハイブリッド・東京コンセプト、レガシーやインプレッサと似た機能を持つと言われています。このスバル車は、2リットルのボクサーエンジンとCVTを搭載するであろうと予測されています。また、2つの電気モーターも搭載するだろうとのこと。スバルは更に、このハイブリッド車にリチウムイオン発電機を組み込むかもしれません。

6. ハイブリッドドライブトレイン ミニカーのコンセプトで排気ガスを削減

Mini Car hybrid car

Alberto Mazza氏により、メルセデスベンツのために設計されたミニカー(Mini Car)は、4人乗りのガソリン・電気のハイブリッド車です。 この車は、およそ時速180kmの時速を得るであろうと予測されており、時速100kmに達するのはたったの10.4秒しかかからないそう。そのモーターはニッケル水素電池から作られていると言われています。

7. Axon Automotiveのハイブリッドカー

Axon Automotive hybrid car

2年前にMilton Keynesサイエンスフェスティバルで立ち上げられた、英国に拠点を置く自動車メーカー、Axon Automotiveのこのハイブリッドカーは、エコカーの完璧な例です。車のエンジンは、短距離の場合は電気モードになり、長距離だとバイオエタノールか、ガソリンで走ります。この車は、炭素繊維を使っているので軽量です。車が排出する二酸化炭素は1km当たりたったの50g。他の素晴らしい特徴は、座席とドアがそれぞれ繊維と再利用された炭素繊維でできているということです。

8. アウディA9ハイブリッドコンセプト

Audi A9 Hybrid concept

もし車が損傷を受けたら、車自身がその損傷を修理することができるなど、誰も想像したことがないでしょう。ところが、この車はそんな発想の完璧な例なのです。車にはフロントガラスがあり、その屋根はナノテクノロジーの素材で出来ているので、そこが損傷を受けたら、自動的にそれが修復するのです。更に、この車は特別な“電子塗料”で作られているので、ボタン1つでこの車の色を変えることができます。提案された高度なバージョンでは、よりよく、排出ガスが少なく、エコなハイブリッドとなる、内燃機関が含まれます。

9. 2010ヒュンダイIX-Metro低排出車

Hyundai IX-Metro

デザインコリアで2010 IX-Metroのコンセプト車がお披露目された、この車はハイブリッドエンジンが動力で、排出する二酸化炭素は1km当たり80gです。6000rpmで93KW生成できる能力を持ったこの車は、3つのシリンダーで作られたエンジンを有しています。電気のカウンターパートが、スターターモーター・オルタネーターの形で補助します。

10. 全ての地形向けのE.V.C 低排出ハイブリッド車

E.V.C low-emission hybrid vehicle

Prodan Dragos氏の発案によるこの車は、電気を生成するための太陽電池として機能する、六角形の形をした窓があります。内装に目を向けると、大きな4つの座席があり、前部の座席は後ろ向きに回転することができます。車の後部は寝るスペースとして平らにすることができます。

You may also like