Home Uncategorized 環境に優しい道路をデザインする、5つの環境保護製品

環境に優しい道路をデザインする、5つの環境保護製品

by admin

Highway green product

持続可能なテクノロジーの開発は、急を要しています。 急速な天然資源の枯渇に、生存への脅威が明白となっています。 科学者とデザイナー達は、明日への生き残りをかけて、絶え間なくデザインに取り組んでいます。 車両交通の成長と共に、糾弾されるべき事は、道路環境に汚染物質を作り出している事です。 しかし現代の多くの工業デザイナーはこの輸送ライフラインを、将来の環境に優しい発電ハブに形を変える事に、責任を負っています。 道路は地上に巨大な広がりを作り、多くの持続可能な発電手段を開発する可能性を秘めています。 電気自動車、eタービン、太陽電力や風力エネルギー照明、太陽電力空気清浄機は汚染レベルを下げるように未来的にデザインされた物の一部で、道路を介して自己依存システムを構築します。

これらの環境保護関連の革新は、道路を発電ハブとして結実させるのもそう遠くはないでしょう。 住宅団地や産業ハブに、電源を供給し始めるという可能性が高いです。 これは低価格であるという選択だけでなく、残されている石炭や、核や石油製品の様な、非再生可能エネルギー資源をも守ります。

1.太陽電力市街空気清浄機

Solar-powered city air purifier

汚染物質は、生態系同様、私達の健康にも大きなダメージを与えています。 かつてないほど道路には自動車の交通量が増えているので、道路にはチェックが必要です。 今可能性があるのは、工業デザイナーのケン・ジャシンスキーが提供する解決策です。 ジャシンスキーの太陽電力空気清浄機は、既存の街路灯ならどこにでも取り付ける事ができます。電力を生成するためにソーラーパネルを使い、紫外線空気清浄システムを稼働させます。 システムは、周囲の空気から二酸化炭素を捉えます。 曇りの日でも、同様に機能するようにデザインされています。

2.Eタービン

E Turbine

これまで私達は、車が作られたエネルギーを消費する傾向があると認識してきましたが、新しく開発されたコンセプトは車が道路を走る動きから、再生可能エネルギーを発電する事を可能にしました。 工業デザイナーのペドロ・ゴメスは、高速移動する車が作る空気の動きを、再生可能エネルギーに変換する、eタービン技術を使用しています。 このエネルギーは道路や照明灯、インフォメーションパネルや緊急電話などに、細かく利用する事ができます。 2本のレーンの間に置き、このシステムは車両の空気の動きから発電し、メインバッテリーに転送されます。

3.交通の動きからエネルギーを発電するコンセプト道路リブ

Concept Road Ribs

発電道路リブは、道路上の車両交通で、その動きから再生可能エネルギーを生産する事を可能にします。 これ等の道路リブは、車が使用するエネルギーを、利用可能なエネルギーに変換するためにあるものです。 こうして保存されたエネルギーは道路照明や電気自動車の充電に利用する事ができます。 この技術は走行する車が、同様にリブを動かす事ができるという概念に基き、これでエネルギーを生成し、道路沿いに設置されたバッテリーに保存する事ができます。 これらのリブは、摩耗したり切れたりする様子も見せず、重量級の車両にも耐える事ができます。

4.道路照明灯のコンセプト、「ナイトオウル」

Concept highway lighting

工業デザイナーのエデン・カーツウェイルは、間もなくやって来る、電気代が高騰する時代に備えて作られました。 他のエネルギー資源が枯渇するのを予見して、彼は将来のエネルギーは太陽資源である可能性を感じました。 このLED照明システムは、太陽エネルギーで電力を得ています。 これは都市や道路を、LEDの集合体で明かりを灯しますが、照明の頂上に統合された、大きな柔軟性のあるポリマーソーラーフィルムで充電されたバッテリーに依存しています。 メンテナンスはあまり必要としません。

5.風力と太陽光発電の環境に優しい道路プロジェクト

Solar and wind generators

イノベーターであるジーン・フェインとED・メリットは、再生可能エネルギー発電空間に、道路の潜在的な発展を利用するアイデアを考案しました。 道路の広大な拡張は、風力タービンやソーラーパネル等、環境に優しい発電機を設置するのに適しています。 この進歩的な道路プロジェクトは、太陽光や風力等の天然資源を電気に形を変える、一連のソーラーパネルや風力タービンや、地熱装置を使います。 このアイデアは、私達の都市を環境に優しいエネルギーで帯電させる能力を持つ道路にする事で、同時に、電気自動車の帯電ステーションにもなります。

 

Today's Top Articles:

You may also like