Home Uncategorized エコなインテリアには欠かせない特殊木材

エコなインテリアには欠かせない特殊木材

by admin

近年では木のフローリングはエコホームには最適であるという見方が強まっています。フローリング自体に対する注目も集まっており、壁や家具と同様に家の中の生活スペースの雰囲気作りには欠かせない部位となっています。この素材を作る際にもなるべく自然を壊さないように気が使われており、ますますその重要度は増すばかりです。

木製フローリング

独特の建物の雰囲気を作り上げて温度調節の機能を持つことで知られる木製フローリングです。自動車の通行による振動や家具の重さに耐えるようにできているのが特徴です。耐久性だけでなく掃除のしやすさもポイントで、おしゃれな見た目とエコフレンドリー性を兼ね備えています。

一般木製フローリングとエンジニアフローリング

一般木製フローリングは木材を有効利用してつくられており、厚みを持たせた造りで自然環境に対して強い作りをしています。エンジニア木材は少し安めに販売され、取り付けも簡単です。

選び方

高品質のフローリング素材はヤスリがけと仕上げを必要とするだけです。取り扱い説明をしっかり読んで、取り付けする建物にダメージを与えないように気をつけましょう。ではどのような素材が適しているか見ていくことにしましょう。

1.適した木の選択

「適した木」というのは既存の建物から再生利用された木や新品の木材両方に当てはまります。一番大切なのはFSC規格に合った木材を使用することで、値段は高めですが長持ちします。熱帯地域や古い森林から取られた新品木材は使用を控えた方が良いでしょう。

2.人体にやさしい仕上げ

工場で製作されるウッドフローリング素材ですから、発がん性物質の接着剤を使っていない製品を選ぶようにしましょう。

3.省エネフローリングを選ぶ

エンジニアフローリングは省エネ効果を高めますし、一般フローリングもFSC規格に合格していれば高品質素材ということになります。再生利用木材の使用はゴミ処理場行きの木材を有効利用し、天然木の乱伐を防ぎます。

木製フローリングの種類

ハードウッド、竹、ラミネート、一般フローリングなどのなかから家のタイプや環境に応じて選択することになります。ここでは木製フローリングの種類を見ていくことにしましょう。

1.アメリカンゴシック再生クルミ素材

20世紀前半に細菌によるダメージによってたくさんの影響をうけてしまった「まぼろし」の素材です。深みのある見た目を与えるこの素材は厚さ3/4インチで仕上げ済みとそうでないタイプから選ぶことができます。

2.再生バーンサイド

建物を天候の影響から守り、酸化木材層が床下を保護します。心材、辺材の組み合わせは無限にあり、100%リサイクルがFSC規格により保障されます。

3.松

カジュアルでリラックスした雰囲気を醸し出し、エキゾチックな見た目も特徴的です。樫の木をほうふつとさせる固い素材で、双方向木目の組み合わせが含まれてできており、白、金、黄の色合いから選べます。

4.アメリカンゴシック

もっとも伝統的なフローリングで色は赤と白から選べます。色合いは暖かみのある深い色合いになります。

結論

木のフローリングを長持ちさせるためには場所にあわせた素材選びが必要になります。エコフレンドリーフローリング用には社会的、文化的、エコ的な立場のバランスを考えてここで紹介したガイドラインを参考にして効果的に選択するようにしましょう。

Today's Top Articles:

You may also like