Home Uncategorized 科学者達は、画期的なカーボンニュートラル技術の開発に取り組む

科学者達は、画期的なカーボンニュートラル技術の開発に取り組む

by Ecofriend1874

英国の大学が率いる科学者チームは、二酸化炭素を非常に効率的に燃料に変換するリアクターを開発しています。 これは英国が毎年作り出す炭素排出量の、3倍以上を相殺する事ができます。 エジンバラをベースとするヘリオット・ワット・大学が率いるチームは、政府の主な科学研究資金提供機関と工学・物理学研究協議会(EPSRC)から、研究を続けるために助成金1200万ポンドの資金を得ています。 これは、太陽エネルギーを使って、二酸化炭素から通常の燃料を作るために、「光触媒還元」を高効率プロセスにするようです。 チームは、この高効率光リアクターが、英国で年間7億トンの二酸化炭素を相殺し、十分な燃料を生産する事ができると予測しています。 因みに政府の予測より2億トン以上英国は排出していると思われます。 「この最新のリアクターとプロセスの開発で、カーボンニュートラル燃料の壮大な量の資源の鍵を開けることができる」 とチームを率いる科学者、二酸化炭素回収保存を革新 するセンターの所長である、メルセデス・マロートバラーは言います。 「私達が取り組んでいるテクノロジーは本当に画期的なもので、気象変動ガスを気象救済燃料に変えます。」

閉ループシステム

「光触媒還元」は太陽エネルギーを使って二酸化炭素を、燃料に使用出来る、メタンやメタノールのようなガスに変換するプロセスです。 これ等の燃料の使用で排出される二酸化炭素を再処理し、「閉ループシステム」の中で燃料が排出する二酸化炭素を中和します。 しかし現在の光触媒還元は、商業レベルで使用するには十分な量を生産しません。

mercedes-maroto-valer-800x450 「この研究は、市場に大変貴重で可能性のあるテクノロジーもたらす、素晴らしい機会なのです」 とエネルギー企業E.ONの、ロビン・アイアンズ博士は言います。 研究を指導し、開発した技術を確保するために、国際科学者チームと作業する会社の一つで、既存のインフラを使用する事ができます。 「産業は国際的な学術チームと共に取り組み、これを、世界的に大きな突破口を提供するために設計された、真の世界的プロジェクトにしようとしています。」 と付け加えています。 国際研究チームは、台湾、アメリカ、カナダ、中国や英国の科学者で構成されています。

毎年7億トンの二酸化炭素が相殺される
国際科学者チームは、太陽光と二酸化炭素を使用して燃料を生産する事ができる、新しいリアクターを開発しています。 これは世界のエネルギー産業に、画期的な変革への道を開くものです。 ヘリ夫・ワット率いる専門家達は、太陽エネルギーを使用して二酸化炭素(CO2)を、メタンやメタノールの様な燃料に変換するプロセスである、「光触媒還元」の効果を増加するために1200万ポンドを寄与されています。 燃料が使用されてできる二酸化炭素は全て、再びエネルギーに変換され、閉ループシステムとなります。
Heriot-Watt-University
もし実用化される量に成功すると、このプロセスは、年間7億トンの二酸化炭素を相殺する事ができると、予想されていて、これはDECC(英国政府)が見積もった、約5億トンの年間排出量を遥かに上回るものです。 既存の光触媒還元プロセスは財政的に実行可能にするには、十分な燃料を生産できません。 新しく開発されるプロジェクトは、高効率光リアクターで、潜在的エネルギー生産の転換と気象変動緩和に向けて、実用化プロセスに向けて、変換率をスケールアップします。

世界学術チームとエネルギー産業

CCS革新センター所長、メルセデス・マロートバラー教授と、ヘリオット・ワット大学の持続可能エネルギー技術の最初の就任者、ロバート・M・バッカン議長が、イギリスで、この取り組みと台湾アメリカ、カナダ、中国出身の化学者と技術者のチームとこの取り組みを率います。 マラートバラー教授は言います。「この最新のリアクターとプロセスを開発する事によって、私達は、カーボンニュートラル燃料の莫大な資源の鍵を開けることになります。 私達は、一つのテクノロジーを作る事に取り組んでいますが、それは気象変動ガスを気象救済燃料に変える、本当に画期的なものです。 私達はこの研究を通して、業界をリードする企業に参加してもらい、私達が開発するテクノロジーが、既存のインフラに使用できる事を確かなものにします。」 マロートバラー教授はエネルギー産業の代表顧問委員会と密接に動き、彼等は試作品開発を手引き支援し、既存のインフラを統合し開発する事を確かなものにします。 CCS、E.ON革新センターのロビン・アイアンズ博士は顧問委員会のE.ONを代表して、こう言っています。 「この研究は市場に可能性のある非常に貴重なテクノロジーをもたらす、素晴らしい機会です。 産業は、国際学術チームと協力して取り組んでいくつもりで、この真の世界的プロジェクトを、世界的に大きな突破口をもたらすものにしたい。」 資金は工学物理科学研究協議会(EPSRC)から選ばれた流れの一部で、これは、主な工学的課題に取り組む研究リーダー達を支援し、研究の展望を実現するために、その周りのチームを提供するよう設計されています。 EPSRCの最高責任者、デビッド・ディルピー教授は言います。 「世界の大きなエンジニアリングの課題に、答えをもたらす事ができるリーダーを育て、支援する事は、我々の最優先順位の一つです。 マロートバラー教授の研究チームが現在実行している仕事は、世界中に壮大な恩恵と機会をもたらす可能性をもっています。」

この研究は、可能性の高い非常に貴重なテクノロジーを、市場にもたらす素晴らしい機会だ、とエネルギー企業E.ONのロビン・アイアン教授はいいます。 この企業は、研究を導くために国際科学者チームとともに取り組んでいる会社の一つで、既存のインフラに使用できるテクノロジーの開発を、確かなものにしています。 企業は国際学術チームと協力して取り組んでいて、これを、世界的な大きな突破口となるような、本当の世界プロジェクトにするつもりです。と彼は付け加えています。

 

 

Today's Top Articles:

You may also like