Home Uncategorized クラウドコンピューターは環境に優しいか?

クラウドコンピューターは環境に優しいか?

by admin

なぜこの話題か

中には環境にやさしいという見方もあれば全く反対の意見もあり、一概には言えないのですがここ数年人気のデータ処理方法として注目を集めるコンピュータクラウドの抱えるジレンマについて見て行きましょう。

どれほど深刻なのか

情報処理の方法としては画期的で、コンピュータではないところのサーバーにデータを共有するというのはプライバシーの問題をはらみながらも新しい方法として浸透してきています。

では、どのようにして環境への優しさと関連してくるのかというと、企業は自社のデータセンターにある情報をクラウド上に上げてしまい、データセンターを閉鎖して電気代などを節約できるという具合です。

もちろん、そのデータを管理するためのデータセンターが必要なのですが、それでも相対的に見てデータセンターの数は大きく減らすことができるだろうというのが一般的な見方です。こうして地球に優しい効果が期待できるのです。

その他の意見

マイクロソフト社のレポートではエネルギー消費を大幅に削減できるという見解が示されており、WSPの研究ではクラウドに移行した企業では関連費用が95%まで削減できるという報告も上がってきています。

ここまでの発達

クラウドシステムの人気はうなぎのぼりで、ここまでマイクロソフトやグーグル、IBMなどの大企業が使用しておりアップル社も独自のクラウドシステムでスマートフォンやコンピュータ関連のデータを管理しています。

近年の発達はどのような電子機器にも対応していて、スマーフォンにタブレット、音楽プレーヤーにテレビなど幅広く対応しています。この動きは今後更に加速していく見込みです。

主な問題点

安全面:単純に考えて自分のデータを他人と同じサーバーに置いて置くというのが不安という向きも多く、重要なデータはクラウドにはセーブしたくないという動きも多いのが事実です。

環境へのインパクトは無いという見方:クラウドの影響で自然に影響を与えることは無いというもので、機械を使用するのに変わりは無くデータセンター自体が環境に優しい対処をしているかどうかが問題なのです。

このようにクラウドシステム自体にはエコフレンドリー要素は無いとする見方も多いのです。

どうするべきか

結局のところ、データセンターがエコフレンドリーに運営されるかどうかです。例えばソーラーパワーを有効利用するとか冷却システムを天然にすることで冷房代を節約するとかの努力は大切です。

Today's Top Articles:

You may also like