デザインチームが トゥンギ のスラム居住者のために Jala Hubを構想します

廃棄物管理は多くの発展途上国で重要な問題です。適切な場所に、適切なシステムがなければ、人々は環境を汚染し、水源を汚し、病気にかかる危険を冒すことになります。デザイナーのグループでは、バングラデシュの首都ダッカのトゥンギ・タウンシップでそこの廃棄物管理を良くするのに役立つ可能性を持つJala Hubと呼ばれる概念を打ち出しています。また、きれいな飲料水、エネルギーの生成と農業の生産を利用できるようにすることによって、この地域のスラム居住者の生活環境を改善しようとしています。

Jala Hub Dhaka Bangladesh

グループにはJunghwa Suh, Chretien Macutay, Aarthi Padmanabhan そして Yunhee Kimを含みます。若いチームはその注水の接続性の概念を基盤にしました。 彼らは、スラム街構造に接続することができると同様に適応することができるコミュニティー・ハブをデザインすることを思いつきました。中央部には、居住者に飲料水と料理と入浴のような他の目的のために水を利用できる設備が設置されるでしょう。

ハブは、それらが全国電力網に依存する必要がないように、適切な廃棄物処理およびエネルギー発生用システムも組込むでしょう。周囲の水位が上昇しタウンシップが浸水される場合に、多方向水道システムを確立して、この生命の源が不足しないようにします。

必要なインフラを構築するために地元産の材料が使用されます。洪水が発生した場合の安全な聖域を提供するために、コミュニティは地元産ジュートから、人々がハブの浸水を乗り切るために集まることができる係留柱を構築するでしょう。全体的な水道システムはまた、住民に彼らが飢えないように、水耕農業に従事する機会も提供していきます。

電気については、生物消化漕がエネルギー生成に使用できるメタンガスを生成するために使用されます。農業に関しては、ハブはヒトおよび動物の排泄物を処理し、穀物を育てるための肥料に変える嫌気性消化漕が設置されます。

Macutayより

Today's Top Articles:

Scroll to Top