Home Uncategorized 「マイクロ潜水艦」がより効率的に石油流出浄化作業を支援する

「マイクロ潜水艦」がより効率的に石油流出浄化作業を支援する

by admin

科学者たちは、新しい開発を最初の「マイクロ潜水艦」のテストの成功と共に報告しています。それらは自己推進し、汚染水から油滴を吸い出して収容プラントへ移すことができるように設計されています。これらのマシンは、油がほぼ3か月の間衰えずに流出し、魚釣りと観光産業と同様に野生生物および海の生息地にも広範囲な損害をもたらした2010年のディープウォーターホライゾン事件の再来から私たちを十分救うことができるかも知れません。

これらの小型潜水艦は、航行に過酸化水素を利用し、空荷のときは、毎秒26マイクロメートルの速度にまで達することができます。油の最大回収容量に達すると、速度は毎秒約11マイクロメートルまで低下します。その小さな車両は油ならその10倍のボリュームの重さを運ぶことができます。

カリフォルニア・サンディエゴの大学のジョセフ・ワン教授は、ICN学生マリア・グイックスおよび研究教授アルベン・メルコシ(ICNのナノバイオエレクトロニクスおよびバイオセンサー・グループの会長)と共同でマイクロ潜水艦のデザインおよび試験をしました。

その乗り物は、油の小滴を吸収する疎水性の層で覆われたチューブ状のマイクロエンジン上で組み立てられます。小さな潜水艦はくぼんだ弾丸のように形作られ、過酸化水素の酸化から内側に生成される泡によって前に推進されます。

マイクロ潜水艦を構築する過程で、ポリカーボネート・モデル上でプラチナとPEDOTの層に電気めっきが施されます。その後、ニッケルと金の層が電子ビーム露光法を使用して、最初の層に対して注がれます。最後に、潜水艦は、水と油の界面で油の捕獲を可能にする自己集合した単分子層あるいはSAMで覆われます。

チームは、彼らが作成し発見したものが、特に石油流出のような環境災害の状況で、新方式および汚染された水域をきれいにする装置の拡張および成長により多くの期待が持てると信じます。潜水艦が商業生産の段階に入れば、危険な石油流出をきれいにすることは現行のシステムよりはるかに容易でより効率的になるでしょう。

Via: Sciencedaily

 

Today's Top Articles:

You may also like