エンタテインメントを変える5つの革新的なソーラー技術

Solar energy

ソーラーエネルギーは、様々な電気機器に使われるエネルギーとして急速に需要が高まっています。太陽光の利用はもはや電卓だけにとどまらず、生活で使われる様々な機器で利用されています。枯渇することがないというだけでなく無毒で、毒性がある硫酸や乾電池のように環境を汚染することがありません。さらにソーラーエネルギーを電気エネルギーに変換する光起電パネルの価格が下がって大量生産されているので、更なる実験や新しい機器の展望が開かれました。

ここでは、エンタテインメントを変える5つの斬新なソーラー技術を見てみましょう。

 

1. ソーラー電力で充電するスマートフォン

まず始めに、スマートフォンをご紹介します。スマートフォンは、世界中で最も売れているガジェットです。ある機器を使えば、充電池ををソーラー電力を充電するバッテリーに変えることができます。このことにより電気を大幅に節約することができますが、大きくて重い別の機器を揃えなければなりません。またそれらの機器の性能や効率はまだ基準に達していません。現在設計と実験が進行中ですので、デザインに影響を与えることなくスマートフォンの充電に使える充電器としていつか、太陽電池が使われるようになるでしょう。

2. ソーラー電力で充電するMP3プレイヤー

スマートフォンと同様、MP3プレイヤーにも従来の充電池に変えて太陽電池を使うことが出来ます。興味深い点は、太陽電池を使えばバッテリーが必要ないので、その分のスペースをメモリに使うことができ、プレイヤーのパフォーマンスを向上させてより多くの曲やデータ、映像を保存できるということです。

3. ソーラーバッテリー

ソーラーエネルギーを使うのに太陽電池が必ず必要な訳ではありませんが、バックアップ電源がなければ機器を長時間駆動させることができない場合もあります。Wu Jian氏がレーザータグブラスター(光線銃玩具)のために考案し表彰を受けたこのコンセプトは、小さな2枚のソーラーパネルを日光に当てておき、3枚目のパネルを機器内の電力のために使うというものです。充電が切れたらそれらパネルの一つをバッテリースロットに入れて取り替えれば、機器の動作は継続されます。このコンセプトは雨が多い季節や夜間に大変便利です。

4. 光起電航空機

世界は燃料危機に瀕しています。そして航空機は継続的に膨大な量の燃料を使います。従来型のエネルギー源への依存を軽減するため、トップの研究所や企業で光起電の飛行機がテストされています。太陽電池はこうした航空機の飛行には不十分であるということが明らかになっていますので、それに変わる太陽エネルギー利用のための技術が使われます。スイスの企業であるソーラー・インパルス社が、軽量でソーラーエネルギーで駆動する航空機を考案しました。この飛行機は、水平線上に太陽が出ていない場合でも36時間の連続飛行が可能という、驚くべき性能を持っています。

5. ソーラー駆動のヨット

ヨットに乗って海に出るのが好きな人にとって、その楽しみは奪われつつあります。ジェラシーから言っているのではありません。エネルギー危機に瀕した今日、娯楽のために浪費される燃料がその理由です。燃料消費を減らすため、DSe社を始めとする企業が、ソーラー駆動のヨットを考案しています。日中はソーラーエネルギーを使い、夜間はディーゼルエンジンを使って航行します。こうすることで、燃料消費量をかなり削減することができます。主な欠点は、平均的なヨットに比べて大変高額で、ほとんどの人々にとっては手の届かないものであるということです。PlanetSolar社は、世界一周航海ができるソーラーパワーのヨットを考案しました。

Today's Top Articles:

Scroll to Top