Home Uncategorized 太陽光利用重視の「クロス # タワーズ」がソウルの商業中心地のために進路を開く

太陽光利用重視の「クロス # タワーズ」がソウルの商業中心地のために進路を開く

by admin

ソウルの龍山(ヨンサン)国際ビジネス地区は、商業的転換のための準備がすっかり整っています。そして、このムーブメントの前進の一環として、BIGの建築家は彼らのクライアントで韓国の開発グループのDreamhubのために新しい文化と商業の中心地の設計を担当しています。その中心地は、それぞれ高さ214と204メートルの2つの優雅なタワーを特色とするでしょう。クロス # タワーズと呼ばれるそれらは、それぞれ高度140mおよび70mで2つの水平バーに支持されて相互に接続されます。構造の設計青写真は、最適な太陽光の視界に合わせるためにタワーの外観の方向を合わせる微妙な建設技術を示しています。

Cross # Towers / BIG

3次元の都市コミュニティセンターは、法律によって設定された高さの基準を満たすように、水平方向と垂直バーが連動しています。 持ち上げられた特殊な塊は、2つのタワーを水平に統合する形で通されました。それらの両側のタワーを、地下レベル、通りのレベル、そして空の3つのレベルで接続する3つの公共の橋があります。 そのタワーの知的なデザインが、多様な文化と事業目的を持つ人々に提供される、その高さ全体に行き渡たる地上レベルでの活動を可能にします。

幅広いアウトドア活動をあなたに提供する屋上スカイガーデン が 上部橋と下部橋の両方の上にあります。人は、近隣のタワーおよびその周辺地域における広範な商業ゾーンのドラマチックな景色を目の当たりにすることになるでしょう。建物の外側のゾーンは、近代建築の中にあって、古代の中庭の伝統的な魅力で引き付けます。

タワーの持続性は大きさでは定義できません。しかし、それが太陽に面していて、そのエネルギーと光を利用するとしているので、私たちはそれが良好なエネルギー効率度を維持することを期待します。その他のことはまだ分かっていません。

Archdailyより

Today's Top Articles:

You may also like