大きな疑問、帆船は再び利用されるのか?

Sail powered ship

なぜ今、これを問うのか?

帆船は、風力エネルギーを非常に効果的に使う能力があると言われています。 高度な技術と品質に加え、持続可能なエネルギー生産をする船は、既に貨物船の名前で発明されています。 しかし、それらは不便で非実用的なデザインなので、あまり需要がありません。 この理由で、細菌ドイツの有名な企業の一つが、風力発電へのアクセスを向上させるために、貨物船にパラシュートのようなデザインを加えています。 その後、より高度なデザインが貨物船に導入されました。 堅いセイルパネルには、太陽熱収集器が組み込まれています。 太陽技術と風力技術を組み合わせると、実際に世界の国々で、化石燃料の大量使用を低減する事ができる、と考えられています。

それほど深刻なのか?

今日、多くの帆船が、風力を利用した様々な船に力を与える為に、利用されています。 その結果、低消費である利点を持ち、二酸化炭素排出量の少ない多くの船舶が、地上の電力等に貢献するために、帆船の利用を促すようにデザインされています。 最近、貨物帆船もテストされていて、20%燃料を削減できることが分かりました。 同時に、船の所有者の一部は、現代的な鋼鉄の船舶が、船がディーゼルエンジンに依存する事を低減し、風力を有効利用出来る事を証明しようとしています。 さらに、二酸化炭素排出と燃料消費を削減する為に、スカイセイルを上手く適用できる、と言う人もいます。 通常の凧の様な飛行スタイルで、スカイセイルは35%まで燃料を削減とするという面で、特に高度な物優れています。

みんなはどう言っている?

発明者関連の多くは、貨物船は直ぐに海を搬送する商業媒体になると言います。 MSベルーガのオーナーは、従来のディーゼルエンジンのパフォーマンスより、現代的な鋼鉄の船の方が優れていると考えています。 一方スカイセイルの発明者、ステファン・レイジも彼の発明に関して、二酸化炭素排出を抑え、燃料消費を低減する優れた効率を持つと述べています。

開発

1.二酸化炭素を排出しない貨物帆船

Carbon-Neutral Sail-Powered Cargo Ship

これは貨物船に導入された、非常に高度なモデルの一つです。 この船舶は、風の流れによって帆走状態を、自動的に調整する事ができます。 さらに、必要になった時は、凧のように機能します。 この船はまた、汚染する事態を低減する為に、バイオ燃料で稼働するエンジンを備えています。 船舶の設計全体は、環境に優しい文化を強化するように作られています。 そして、船のパフォーマンスを高める為に、軽量の建設資材を使っています。 これとは別に、船の本体は鋼材で作られていて、特に木材の様なリサイクルされた素材を使用して建設されています。 この措置は、大気中に化石燃料からの炭素排出を、阻止する事に役立っています。 この進化した貨物船の形状で、液化天然ガスで簡単に駆動する事ができます。

2.貨物船に風力発電させる、キットベスプロジェクト

KitVes Project

この船舶の推進システムとは別に、今企業は様々な貨物船のプロジェクトに、熱意を持って取り組んでいます。 このプロジェクトは主に風力を採取する事をベースに、特に風力で電気を発電して使用しています。 この方法で、搭載された補助的役割をサポートしています。 風力エネルギーを効率的に採取する為に、100平方メートルの特別な凧が導入されています。 この凧は制御可能で、1000メートルの高さに上昇する事ができます。 設備全てが発電機に取り付けられ、最後に電力を生成します。 凧はヨーヨー現象に関連して風の抵抗によって、巻き取られたり広がったりします。 電力は、約60キロワット生成されると言われています。 このエネルギーは、船に設置された電子機器に使うには、十分な量があります。

3.凧で駆動する船は帆を備え、二酸化炭素排出量を低減し、ディーゼルを保存する

Kite-powered ship

環境に優しい未来は船舶に風力エネルギーを適用することで、かなり現実的になります。 この貨物船の発明者は、画期的な革新を考案し、現代的な鋼鉄製の船に付いているディーゼルエンジンを、風力エネルギーと置き換えました。 スカイセイルと呼ばれる160平方メートルの凧は、船上182mを超えて飛行する、十分な能力を持っています。 これはまた、この特別なデザインの船が海上の様な一貫して強い風のあるところでは、うまく機能し、この様な発明は、明らかに現代に革命をもたらすものです。 この様な船は二酸化炭素排出量を減らすだけでなく、大気中の汚染制御にも役立ちます。

主な障害

ストレスや重圧からなる、長期航海の様な厳しい状況を果たした後に、最新のデザインを積極的に船に適用する動きが見られるだけです。 さらに、貨物船のパフォーマンスは、航海するエリアの風の利用に、全て依存しています。 帆船の最も大きな欠点は、大量の機材を積む事にあり、結果的に長い航海プランは危険なものになります。

どうすればよいのか?

貨物船の有益で実りの多い適用は、通常のデザインの貨物船に、太陽技術と合わせる事によって可能になります。 太陽光収集装置を加る事は、現実的に、船のエネルギー収集能力を強化する事ができます。 最終的に、化石燃料使用量を大幅に削減する事ができます。 つまり、温室効果ガス排出や、他の汚染も制限する事ができるのです。

 

Today's Top Articles:

Scroll to Top