ソーラーエネルギーで動くエコフレンドリーマシン

太陽光は最もクリーンな天然エネルギー資源です。一番の特長はあふれんばかりに手に入り決してなくなることがない点です。ですから今こそこの太陽を有効利用してその恩恵にあずかる時なのです。将来的になくなってしまうようなエネルギー資源に頼ってばかり入られませんし、化石燃料などは汚染の元です。最近ではガソリン価格の高騰によって多くの会社がソーラーエネルギー使用の機械を利用し始めています。有害ガスも発生しませんからエコフレンドリーでもあるこれらの機械の5つの例を見て見ましょう。

1.ソーラーパワー飛行機

ソーラーパワーで空を飛ぶというのは魅力的で、できればそうしてみたいものです。そんな夢を想像性豊かなデザイナーたちが叶えたのがこのソーラー・インパルスです。処女飛行はスイスのパヤーンで行われました。空中に13時間留まった後ベルギーのブリュッセル空港に無事着陸したのです。この飛行機は連続飛行時間26時間という世界記録も残しています。羽の長さ200フィートで12000個のソーラー電池を内蔵していて飛行速度は平均時速31マイルです。ソーラー・インパルスコントロールマネジャーのニコラウス・ガーバー氏は時速31マイルで飛ぶためレーダーにかかりにくいと話します。

2.ソーラーパワー・カー

サンスウィフト4は学生によってデザインされたソーラー・カーです。このクルマはエコフレンドリーで有害ガスを全く排出しません。このクルマはギネスブックに世界最速のソーラーカーとして認定されています。最高時速は88キロでシリコン製の太陽電池を搭載し1200ワットの出力を発揮します。製作を担当した学生達はこのデザインに影響をうけて、より性能の良いソーラーカーが生まれてくることを願っています。

3.ソーラーパワー・トレイン

アルゼンチンのデザイナー、フランシスコ・ルピンさんによって考案されたソーラーパワーのエコ列車です。ボンバーディア社のコンテストにエコフレンドリーで利用しやすいこの排ガス無しの完全グリーン列車のアイデアで参加し、赤を基調としたボディーも目立ちます。電磁モーターが太陽電気で動きソーラーパネルが屋根の取り付けられています。しかも太陽の向きに応じて30度までパネルの角度が調整されます。前後のライトはLED式でこちらもソーラーパワーで点きます。車体は軽量カーボンファイバー・ファイバーガラス製です。

4.ソーラーパワー・ボート

トゥラノアという世界最大のソーラーパワー・ボートです。排ガスゼロのこの船は9月27日にモナコで進水しました。世界で最初に実用化されるソーラー地球一周船ということで製作された双胴船で537平方メートルにわたってソーラーパネルが取り付けられています。4つの電気モーターで120KWの出力を発揮しこれらもソーラーパワーで動きます。最高速度は14ノットで40人はゆうに乗せられます。長さは31mでニエリン・ヨットバウ社によって製作されました。中には近代施設に豪華インテリアがちりばめられています。

5.ソーラーパワー・回転木馬

ソーラーパワーで動く回転木馬はGEによってデザイン・製作されました。完全グリーン回転木馬として2011年SXSWによってお披露目されました。薄型フィルムのソーラーパネルによって出力100ワットを発揮し世界に1つの回転木馬ですが、これに影響されて多くの会社がエコフレンドリー機械を将来もっと多く発表してくるでしょう。

Today's Top Articles:

Scroll to Top