Home Uncategorized とあるアートとグリーン性の不思議な関係

とあるアートとグリーン性の不思議な関係

by admin

一見したところこのコンセプト建築は聖書の世界に出てきそうな感じです。実際には建築施設で見た目のインパクトが強いものです。

しかし、そろそろここでデザイナーのマイケル・ジャンセンが実際に実現させようと実用性の強調に働きかけることになりました。エコ階段を設置しこの建物はいろいろな形の階段が互いに交わって面白い作りになっています。

このコンセプト「階段」は人類の歴史と共に長い間存在しています。しかも人類最古の8000年前に作られた階段です。上下の2点を繋ぐ最も良い方法として階段が考案されたわけですが、今ではビルには付き物になっています。

これに関係してマイケル氏は「トリビュート」と題した特別な橋を作り出しました。見た目の面白さがメインですが機能性も表されています。彼によると一般にも公開されて実施に歩いてみることができるということです。何かを上るということはエクササイズになることでこれを無料でできるということは良い事です。

作りとしては移動式で、設置と取り外しが必要になってきます。しかも簡単に持ち運びと設置がどんな公園スペースなどにもできなくてはいけません。グリーン技術も備えていて、木製建築のように環境に優しいものになっています。

しかし、ユーザーの使いやすさに関してはただ単にエクササイズをするためだけではありません。継続使用的に使用できるので省エネですし、圧力発電機能を備えているので、ユーザーが動き回って施設を移動するときの動きを利用して発電することもできるのです。そのほかにもソーラーパワーパネルや風力タービンなども後付が可能です。

最後に、必要な箇所には椅子が用意されており休憩用に利用されます。これに関連したスマホアプリも用意されておりカロリー消費量や心拍数もモニター管理することができます。

Today's Top Articles:

You may also like