ソーラーパワーゲート開閉マシンの作り方

自動ゲート開閉マシンは家の電力を引いてこなくてはいけないので大変です。ワイヤも必要ですし、地面も掘り起こす必要があります。しかし、一番心配なのはショートを起こしてしまいかねない点です。実際に泥棒はわざとショートさせてゲートを開けやすくしたりしています。バックアップ発電機を装備している家は稀ですから、家とは別の電源を確保することが大変重要です。

この問題を解決してくれるのはソーラーパワーです。電気代を節約するだけでなく、外的要因によって電気漏れの心配も減らします。平均してフル充電では1500回の使用に耐えます。しかし、最低限の充電で毎日175回稼動できます。したがって設置においてはこのような点に気をつける必要があります。

難易度:簡単

必要時間:設置に5-6時間、充電に12時間

必要材料

DUIソーラーゲート開閉マシンは比較的簡単に手に入ります。これを準備したら次のようなツールが必要になります。

ドリル

ハンマー

シャベル

ワイヤ

断熱テープ

ソーラーパネル

推定コスト

US$150-300で品質とブランドによる

設置方法

1.まず、コントロールボックスを設置する場所を決めます。決まったらドリルで穴を開け、ハンマーと釘で固定します。

2.DUIキットは大抵センサーが付いています。センサーは家の周りに1フィートの深さに埋めます。センサーとゲートの距離は40フィートあたりにして、出口用センサーは外に置く必要があります。盗まれないためにも掘って埋めるのがいいでしょう。全てのセンサーをコントロールボックスにつなぎます。

3.キーパッドと電池をコントロールボックスにつなぎます。電池は内側にしっかりと取り付けます。しかし大きな電池の場合はゲートの内側の家の中に入れておくのが良いでしょう。

4.キーパッドを設置する時にパスワードも同時に設定してしまいましょう。

5.その後、ソーラーパネルの場所を最も太陽光が受けられる位置に調整します。

6.パネルの準備が出来たら、電池につなぎます。

7.数時間充電させてみてちゃんと動くかどうか確認します。

よくある質問

1.夜でも動きますか?

答え:もちろん。一晩ぐらいでは充電量はなくなりません

2.悪天候下でも使用できますか?

答え:電池さえ充電されていれば、悪天候下でも問題ありません。

3.どこで買えますか?

答え:オンラインやソーラー製品取扱店です。

簡単なヒント

1.水などのダメージを最小限にするため、コントロールボックスは影になるところに取り付けましょう。

2.その際にゲートの開閉の妨げにならないようにも気をつけましょう。

3.地面に漏電しないように断熱テープでセンサーをカバーしましょう。

4.ワイヤは出来ればカバーされているものを選びましょう。

気をつける点

1.気をつけて設置しましょう

2.太陽光にあたるところに取り付けましょう

3.専門家に手伝いを要請しましょう

4.外部センサーを開けっ放しにしない

5.急速充電電池で長持ちするものを選びましょう

6.内側センサーは必ず家の中に入れましょう

7.パスワードが分かるようなものを家には置かない

8.不当に入った形跡があった場合は警察に連絡しましょう

Today's Top Articles:

Scroll to Top