省エネグリーンホーム

現状は

今や多くの人が環境を守る姿勢を持っています。自分にも出来るカタチで地球を守りたいのです。しかし何をしたらいいのか、どこから始めたらいいのかが分からないのが問題です。一番いいのは家から始めることです。環境を守るというのは大きな意味を持っていて、リサイクルや再利用だけしていればいいというわけではありません。限りある資源を有効に使い、長期的視野でエコを目指すことが必要になってくるのです。

手始めに、グリーンホームは良い感じです。今日では家を購入する際に余分な出費となっても電気代節約になる機能に注目を集める人が増えています。積極的に環境に優しい家を探す人が多くなっているのです。ちょっとした変化を加えるだけで家はより効率的になるものです。

トレンド

1.プロジェクトFROG

最新の移動式教室です。屋根には60個のソーラーパネルが取り付けられており必要以上の発電量を誇ります。こうして発電された電気は照明用に使われ余分な電力は電気会社に売却されます。こうして経済的にも大きな効果があります。環境に優しいデザインの恩恵がここにも現れています。

2.QB1

最新の省エネハウスプロジェクトです。必要以上の電力を発生し、一番素晴らしいのは余剰電力は電気会社に売却して必要なところに電力が回ることが出来る点です。こうして2つの点で環境を守ることが出来るのです。一つ目は一般電力への需要が減ってクリーンエネルギーに取って代わるということです。二つ目は他の人のために電力を使えるということです。

こうして化石燃料の燃焼による汚染問題も解決です。生活に必要なものはこの家には全て揃っていて、ラウンジ・家具・シャワーにキッチンなどがあります。コンポストトイレは大小どちらにも対応しています。この家を通して電力を売ることで$1600の収入が得られます。

3.ゼス

これは天災等の際の一時的家屋で簡単に設置できます。ソーラーホームですから電線の復旧を待つ必要がありません。自然断熱システムにより冷暖房効果は抜群で、通気も良く室内を快適に保ちます。このような家はいつもメディアの注目を集めますし、地震や台風など電気供給が切れるようなときに最適です。こまったときにでも手間隙かからず電気供給を実現できるのです。

利点

普通の家よりかなり安く買えます。冷暖房に照明コストも安くなります。多くの人は自宅を省エネ化したいと考えており、家に変化を加えることで電気代を節約しています。このようなカタチで電気代の節約ばかりか環境保護にも一役買っているのです。ゼスのようなタイプは災害時にも活躍し、電気が通りにくい状況下でも安全な避難場所を提供してくれます。

インパクト

最新技術は家の建築に大きな影響を与えました。環境に優しいだけでなく財布にもやさしいのです。例えば木々に囲まれた家はレンガやモルタルの家に比べて涼しいですし、夏でもあまり冷房を必要としません。

Today's Top Articles:

Scroll to Top