Home Uncategorized パシフィックリム・フードセンターの垂直なファーミング

パシフィックリム・フードセンターの垂直なファーミング

by admin

現存している土地のエリアは、将来の人口増加の需要に応えることはできません。なので、混雑する都市部にスペースの解決策を提供すべく、多くの建物が開発されています。論理はシンプルです。昔は、私達は平らな土地にのみ農場、住宅や他のインフラ設備を開発しました。 ですが、増え続ける人口に対応するためには、垂直に拡張するという考えが主張されています。この計画では、農場や公共のエリアは高いビルの床に作られることになっています。 ですから、同じ土地で私達は順に重ねて、いくつかのゾーンを建設することができ、それは農業、住宅、レクリエーションセンターなどといった、様々な利用ができるのです。これは人口密度が高い地域にの、限られたスペースに持続可能な解決策を提供してくれるのです。

Pacific Rim Food Center

構造

豆や、細長い木の塊は、この構造物に不規則に蓄積されます。それはまるで、安定して均一な模様が何もない、あらゆる方向に様々なビームが突き出て広がっている、でこぼこな結晶質岩のように見えます。その巨大な構造物は都会の風景で必ず目立つことでしょう。その、珍しく、キャッチーなデザインは、多くの人の目をひきつけることでしょう。

この建物の背後にある考え

これは、将来私達が直面するスペースの制約に対する解決策として提案されている高層ビルです。ニューヨークに建てられたこの公共の建物は、パシフィックリム・フードセンターと呼ばれています。ニューヨークは重要なビジネスのハブであり、人口密度が高い都市です。ゆえに、そのような建物を建て、将来の土地の問題に取り組むことはとても重要なのです。これは公共のプログラムだけでなく、プライベートに代わってイニシアチブをとってくれているのです。その建物には、数多くのコミュニティーガーデンが設置されることでしょう。中では幅広い種類の植物や草木が栽培されることでしょう。

この建物は、全てのタイプの植物がいい状態で成長するために正しい環境を提供することとなります。ハイラインは、都会の環境でも自然に成長させます。フードセンターはまた、この建物の各階の、エディブル(食用)コミュニティーガーデンと協力することで、この計画を発展させます。この建物には、公共のレクリエーションエリアもできる予定です。 あなたは友達何人かと、ここや、公園を散歩することができます。そこにはまた、テーブルと椅子がある、座れるエリアがあります。

グリーン指数

また、この建物には数多くの環境にやさしい機能もあります。屋根は雨水を集めるエリアになっており、枯渇する水資源を節約するのに一役買います。集められた雨水は衛生基準に適合させるため、ろ過されます。それからその水は外部のパイプを通して庭で使われるので、外の水資源への依存を減らし、自分達でまかなえるのです。

設計者について

この建物は、カリフォルニア大学バークレー校出身の建築家、Lorraine Gemino氏の十八番です。彼女は以前、他の団体以外にも、Levy Design PartnersやGlobal Architecture Brigadesと取り組みました。彼女は作成、3Dモデリングや万能なレーザーカッターに熟達しています。また、都市のアクティビティーセンターも設計しました。

Via: cargocollective

Today's Top Articles:

You may also like