Home Uncategorized アップル社の環境にやさしい対策

アップル社の環境にやさしい対策

by Ecofriend1874

アップル、オースティンの新社屋の環境にやさしい「キャンパス・アプローチ」
 
地球は美しい場所です。しかし、人が気にしなければ、その美しさが消えていくのには時間がかからないでしょう。環境は、汚染と森林破壊のような多くの深刻な脅威に直面しています。世界中の人たちは、地球環境を保存して生きてくために、環境にやさしい方法を採用し始めています。私たちは、環境に大きな借りがあります。そして、自然を危険から保護することは私たちの責任であり重要な義務です。持続可能な方法が最近の傾向になってきて久しくなり、ほとんどすべての分野で採用されています。

エレクトロニクスや建築資材の分野においても、多くの人のために環境にやさしいオプションがあります。持続可能な手段を利用することは、環境にやさしいだけでなく、人々が健康で長生きするための素晴らしい方法です。この地球をよりよい場所にして、より美しくして次世代に渡すことが私たちの義務です。アップルは有名な会社なので、詳細な説明は必要ないと思いますが、多くのことで話題になっています。そして、今回、近日中に開始される建設のプロジェクトに関するニュースがあります。
オースティン社屋の建物に関するプロセスには紆余曲折あり、様々な異なったキャンパス設計のアイデアが出てきました。アップルはこれらのアイデアを考慮して、建物を建築するために持続可能なアプローチを採用する予定であることを、各紙が報道しました。さらにニュースでは、アップルは設計会社が作成したオリジナルのレイアウトの多くを変更したと報告しました。
アップルが予定している建物は合計7戸あり、良いニュースとしては、そのうちの2戸の建設が既に開始されたということです。アップルのプロジェクトの第1段階が既に開始しました。見積では、このプロセスは約5600万ドルかかようです。5戸の建物が占める総面積は約20万平方フィートで、他の2戸の建物を加えると合計占領面積はもう少々増え、総計が100万平方フィートになります。
5736477337_a1ca2faebd_o

アップルが公表したプロジェクトに関する他の情報は、合計5,500台の収容量を誇る3つのガレージ・スペースです。アップルは3つあるガレージのうちの1つの建設プロセスを早く完了して、オープンするために「ファスト・トラック」制を採用する予定のようです。アップルは、このプロジェクトを成功させるために努力をしており、持続可能で環境にやさしい建物にしょうとしています。

建物の環境にやさしい方法は、最近人気が高まってきていて、異なる種類の持続可能な建材が市場で購入が可能です。多くの会社が、建物の建築に環境にやさしい方法を採用しています。アップルも、そのような会社の連盟に加わっており、約25パーセントの建物プロセスで使用されるコンクリートの総量を削減するために、新しい歩行者道として古い自動車道を代用しています。アップルのオースティン社屋の全体的な建設終了は2021年を予定しています。それに伴って、約3,600人を拡張することによって経済的利益を見込んでいます。

Today's Top Articles:

You may also like