Home Uncategorized 新グリーンホームの青写真

新グリーンホームの青写真

by Ecofriend1874

新しいグリーンホームプロジェクトの立ち上げ

ハブロック・ノースのワカトモプレイスにオープンしたエコフレンドリーホームが話題を呼んでいます。継続使用性に本質を当てて建てられたこの家はヘイスティングの市役所とベイファームホーバスホームの共同によるものです。加えて最初の試験ホームはエネルギー省大臣のフィル・ヒートレーによって11月22日にオープンされました。

この家が目指したのは住宅基準で6星の省エネレーティングを獲得しつつも予算を5%増加以内にとどめるということでした。同社の代表アダム・ホーバスはこのベストハウス・プロジェクトを通してエコフレンドリーホームの基準となる青写真を作りだすことになると発表しています。6星を獲得するためには利益を優先にはしないという姿勢です。廃棄物処理マネジメントの成功は特筆ものです。

ホーバス社のグリーンホームとは

一般的に建築で出るゴミは5トンに上ります。しかし同社のチームは20キロ以下に抑えるという驚異的な結果を出しました。ここからは12月8日の一般公開に向けて庭の手入れをすることになります。どの家も187平方メートルで4部屋・2バスルームつきです。専門調査機関ビーコン・パスウェイによるとケーススタディとして用いられデータを管理してどの大工でも実践できるように開発をしていくということです。

パッケージにはベストホームの監修における必要事項が含まれており、通常は5日でプロセスが完了します。ヘイスティング市長のローレンス・ユールはこの青写真によってニュージーランド国内の建物のデザインの方法が変わることになると述べました。まさに民間と政府機関が共同して成し遂げたプロジェクトです。関係各所はベストホームは業界専門家や家の買い手にとってだけでなく国全体に利益をもたらすものだと胸を張ります。

なぜエコフレンドリーホームなのか

家を買う際には、お金を節約できてなおかつ付加価値のある物件を求めます。特に水と電気代を節約できるデザインが重要です。最近の調査では省エネでエコフレンドリーな家はそうでない家に比べてより高く売れるという結果が出ています。買い手にとって魅力的なものは価格に反映するのです。したがってエコホームは生活に必要な全てが詰まっているといえます。

アンケートによると86%のオーナーはお金を節約してローン返済に役立つのならばエコホームに改築すると答えています。ガス代や電気代の急上昇に伴ってグリーンホームは節約の効果の大きさに注目が集まっています。一般的にグリーンホームの建築は

科学効果を最大限に生かし、
パフォーマンスの高く省エネ効果を重視し、
ソーラーパワーシステムや省エネ製品などの最新技術を駆使しています。

このような機能を備えた家を建てられれば省エネ効果を最大限に発揮することが出来ます。

Today's Top Articles:

You may also like