Home Tranportation DBTとMatraの電気バイク、電気スクーター用バッテリー交換ステーション

DBTとMatraの電気バイク、電気スクーター用バッテリー交換ステーション

by admin

Light Electric Vehicles製造の最大手のひとつMatraと電気自動車充電設備のヨーロッパ最大手のひとつDBTが協力し、環境に配慮したスクーター利用者の後押しをしています。DBTとMatraはバッテリー交換ステーション、Bat’Libをロサンゼルスに展開し電気バイクや電気スクーターを推進するための道を切り開きました。Bat’Libは1度に9個のバッテリーを取り込んで充電する戸棚のようなシステムです。充電済みバッテリーを取り出すため、使用済みバッテリー差し込み口が常に1カ所は空けてあります。Bat’Libの充電バッテリーは瞬時に空きバッテリーと交換できます。バッテリー1つの重さは16パウンド大きさはおよそパン1斤分です。

Bat'Lib battery-swapping station

都市部の渋滞の悪化を解消する優れた策として二輪車が上がる今、手軽なバッテリー交換ステーションが必要とされています。容量1.125キロワット時の着脱可能なバッテリーは シカゴに拠点を置くAllCell Technologiesが製造しており、エネルギー量の増大やサイクル寿命の延長を助ける熱システムを基盤にしています。このバッテリーは安全な上に1800回まで充電が可能です。この交換ステーションは110ボルトまたは220ボルトのコンセントを使用し、非接触型カードリーダーによって料金の支払いを完了して充電室の蓋を開閉します。メディア情報の通り今年中には、ヨーロッパではMatraそしてアジアではE-TonとTajimaがこのバッテリー交換システムを提供するようになります。Bat’Libバッテリー交換ステーションでなら空きバッテリーの充電に数時間も待つことなく、10秒足らずで使用済みバッテリーを充電済みバッテリーと取り替えることができるのです。

Via: Autoblog

Today's Top Articles:

You may also like