エコな変身を遂げた有名な建物5選

エコな地球を作るということに対する意識が高まっているこの時代で、世界中の建築家やエコ意識のあるデザイナーたちは、エコ建築に基づいた家作りを試みています。こういった建物はもし世界に出たら、新しい世代にとってまぶしいエコ意識の例となることでしょう。ここでご紹介する、そんな5つの巨大な建物をご覧下さい。

西カナダの最古の高層ビル、ユニオンバンクタワーが模様替え

カナダにある、この11階建ての素晴らしい建物は、エコ建築の一番いい例の1つ。この建物はウィニペグのダウンタウンに位置し、ユニオンバンクタワーの建物です。10万平方フィートの敷地に立っており、 大学の生徒たちの居住するキャンパスだけでなく、ホスピタリティー(おもてなし)とツーリズム(観光)のプログラムのための場所でもあります。このエコ建築に加えられる近々加えられるものは、学生が運営する食堂であるレッド・リバー・カレッジです。ということで、1階ではレストランや研究室、多目的スペースがあることになり、2階は研究室、教室、オフィス、3階は学生のための居住オプションを備えています。 その建物のエコな部分としては、操作可能な窓と発泡剤が吹き付けられた壁がそれにあたります。ガラス張りの外観は、は外の世界のパノラマな景観を見せてくれます。これらは全て、エコで行こうという将来のプロジェクトで、2009年に始まったものです。 2011に完成される予定で、推定予算は2700万ドルです。

 

100パークアベニューはアルミニウムの代用品で模様替え

ニューヨークで初めに改修された建物は、アルミニウムの複合材で建てられました。そのエコな建物は、LEED(アメリカのグリーン建築基準)のシルバー認証を取得しました。 この素晴らしい高層ビルはまた、その枠組みに鋼鉄とともにガラスも使い、建物に現代的かつ未来的な外観を与えています。その建築過程で一番のチャレンジは、レンガを使った土台を減らすことでした。 なので、ACM(アルミニウム複合材)パネルがサスペンドシステムを作り出すために使われました。というのは、それが、パネルのその軽さのために唯一可能な方法だったからです。その結果、その建物は今や95万5000平方フィートの表面積に建つ、36階建ての建物で、高く上げられたロビーと以前の二倍の広さの店の正面を持っています。 低メンテナンスのXeroフロールマットシステムによって循環水に取り組む14のグリーンの屋根を有しています。

台湾の一番高い高層ビルは190万ドルのエコ改築へ

台湾の、このエコ意識のあるビルは、10%ものエネルギーと水の消費を減らす取り組みをしています。このビルは台北にあり、そのビルの所有者である台北国際金融センター株式会社(TFCC)は現在、新しく、環境にやさしい暖房、通気、冷却システムを導入するとともに、建物に、雨水を集め、トイレの水洗に使えるように送り込むパイプの構造を設置するように改装しています。従来の照明システムもまた省エネのものと交換され、その建物内で食事が用意されることも重点に置くことになります。 これをすることで、そのビルに食べ物が運ばれるためにその輸送段階で発生する自動車からの有害な排気ガスを最小限に抑えるというわけです。

 

サンフランシスコのビクトリア朝の家が、21世紀の“グリーン”なメークオーバー

エコ意識のあるデザイナー、Criag Steelt氏主導のもと、サンフランシスコにあるビクトリア朝の住宅が21世紀の必要性を取り入れて、エコなメークオーバーを遂げることになりました。 ですので、インテリジェントかつエコ意識のあるやり方で、19世紀の遺産的な建物を復元するというのは勇敢な努力というべきでしょう。この新しい建物のベースとなる材料はリサイクルされた木材とリサイクルされた木の外壁です。改築でもう1つ特筆すべきなのは、鋼鉄の外骨格を持つガラスのペントハウスです。その外骨格はペントハウスの構造を支え、地面に対してかかる圧力がより少なくなります。ということで、Craig Steelt氏は、エコ意識を持ちつつ、ビクトリア朝のネオングリーンの構造のオリジナリティーを復元しようとしたのです。

 

カリフォルニア科学アカデミーがエコなメークオーバー

カリフォルニアにある、この新しく作られたエコな建物、カリフォルニア科学アカデミーはエコ意識のある特徴ある建築に努力したという点で賞賛に値する建物です。このLEEDプラチナ認証を獲得した建物は、自己持続性のある構造物です。2.5エーカーの広さを覆う植物が屋根に植えられ、6万の太陽電池セル、生きている動植物とともに屋内に熱帯雨林があり、NASAが後援するプラネタリウムと水族館があり、そのどれもがエコ意識の高さに賞賛できるものといえるでしょう。

Today's Top Articles:

Scroll to Top