PosHEATが排熱でモバイル機器を充電することを可能に

電気は産業や文明の成長を支える主要な駆動源です。しかし、電気の供給源は環境公害の懸念のため厳しい局面になりつつあります。科学者は代替手段として環境汚染のないエネルギー供給源を見つけようと励んでいます。あるマレーシア人がジェームズダイソンアワードにエントリーして排熱から電気を取得する方法を提案しました。PosHEATは排熱から電気をつくるために‘熱電効果’を利用する解決方法を採用しました。

Heat Energy Harvesting for Portable Power Supply

どういったものなのでしょう?

‘熱電効果’によると、温度差は電位差を作ります。物理的な原理により、熱は常に高い方から低い方に流れます。この電荷の流れが導体の熱を持った方と冷たい方との間に一定の方向の電位差を作ります。

どのように動作するの?

電圧差の大きさは伝導する材料と熱電気の両方の両端か材料のゼーベック係数の間の熱勾配の度合いに依存します。PosHEATプロジェクトでは、高い熱電気のために伝導する材料としてBismuth Tellurideを使用します。より高い電圧差のために、PosHEATは熱電対(テルル化ビスマス)を使用します。コンバータは、熱から作った電気熱を発生させ、後々用のバッテリーの蓄電は携帯電話の充電やLED照明などに使用されます。PosHEATによって発生したエネルギーはモータを動かすことはないでしょうが、より小さい装置を充電する用途には部分的に使用できるでしょう。

出典: James Dyson Award

Today's Top Articles:

Scroll to Top