Home Uncategorized 太陽の恩恵を受けられるソーラーペイントが太陽電池界に革命を起こす可能性

太陽の恩恵を受けられるソーラーペイントが太陽電池界に革命を起こす可能性

by admin

日差しは無償で降り注ぎますが、その日差しを利用して作られた電気は高価です。その理由は高価なシリコンベースの太陽光パネルとスペースを有効的に活用する技術にあります。商業的な太陽光発電プロジェクトには、多くの場合に実行不可能とされるような巨額の初期資本投資が必要となります。しかしこの状況はまもなく打破されるかもしれません。

Paint-On Solar Cell

ノートルダム大学の研究者によるチームは、シリコンベースの太陽電池技術へ転換するための代替手段の開発に従事してきました。最近の成果では、二酸化チタンから半導体ナノ粒子を開発しています。日光にさらされると、これらのナノ粒子は電気を作ります。

Center for Nano Science and Technology(NDnano)の研究レポートによると、カドミウムもしくはカドミウムセレン化物でコーティングされたこれらの超微粒子は、アルコールと水ベースの混合液に懸濁(液体中に浮遊)されて延性のある塗料に処理される。この塗料が塗布された導電性の表面は、太陽光から電気を作ることができるようになります。

しかし、この塗布した超微粒子の光から電気への変換効率は充分ではありません。従来のシリコンベースの太陽光パネルの変換効率は10~15%であるのが一般的ですが、新たに開発された延性のある太陽セルの光から電気への変換効率はわずか1%に過ぎません。

研究者はこの超微粒子は大量に生産するため安価であり、通常の太陽光パネルが設置できないような場所にも使用できると主張している。この技術を実用化するため、研究者はエネルギー変換効率を改善する努力を続けている。延性のある太陽光セルの実用化に成功すれば近い将来、私たちは所有する建物の外壁をこの革新的な塗料で塗って家庭内の設備の需要を満たすような電力をまかなうようになるでしょう。

出典: Sciencedaily

Today's Top Articles:

You may also like