『グリーンリーフ』 バングラデシュに開花する持続可能なコミュニティの生活

「ショブイ・パタ」はベンガル語で「緑の葉っぱ」という意味です。 バングラデシュの公用語で、ショブイ・パタは居住プロジェクトで、国内最大の開発業者の1つ、ルパヤンハウジングエステート社によって2015年までに完成される予定です。 これは、最適な現代生活を、コミュニティーの持続可能な生活を通して環境に配慮するコンセプトと組み合わせ、その住民に提供する事を目的としたものです。 このそのサイト計画は、緑化スペースや中庭、商業エリアやを提供し、文化会館や学校、モスクや市場のある市民広場を提供します。 このアイデアは、住民に都市と自然を同時に体験させようとするものです。 2300から2400戸の住宅が建設される予定で、このプロジェクトで1万人を楽に収容します。

Eco Community Development

JET建設のトリオ、JCIの建築家とテラプランの造園家が、経済的にまた実現可能にするために、革新的なテクノロジーを使ってこのグリーンリーフプロジェクトのデザインという課題に取り組んでいます。 一番の課題は、バングラデシュの暑く湿気の多い気候状態から来ています。 ダッカは、いつも空気の密度が高くヒートアイランド現象に直面しています。 世界中の国々の中で元も年間降水量が多いのです。 これらの状況は、知的なデザインのよって利点と変わりました。

このビルの外被は、植生と地元の肌合いでデザインされています。 内装と外装の空間を交換できるように、 オープンエアな建物が採用されています。 地元の植生が正面のデザイン要素として使われていて、ベンガリの風景を入り組んだものにしています。 水があふれ出すのを防ぐために、道路の端に沿ってバイオスウェールが組み込まれています。 それらはまた、雨水のろ過システムも兼ねていて、庭園や公園に灌漑水を提供します。 大雨の為に計画されているのは、ビルの屋上には植物が植えてあり、水が流れ出るのを軽減し保水にも役立っています。

デザインに入っている植物を使う計画はまた、ヒートアイランドの影響の低減を助けます。 これは冷房の全エネルギー消費の低減に役立ちます。 帯状に植えられた植物も、自然の空気ろ過と浄化システムとして機能します。 住宅はどちら側かに最大の太陽光と換気を受けるように配列されています。 植生が、様々なスペースに、自然の境界や区分として使用されています。 全てが現代的な設備と、樹木の間で生活しているような感じを受けます。 木々は全て成長の速い品種を使っているので、極めて早く植栽が作られます。 この植栽はグリーンリーフ計画の建物の中に成長するよう形作られています。

パーキングスペースはすべて地下にあり道路の混雑や交通を低減しています。 関心がある公共のエリアは全て中央に集められ、たっぷりしてスペースが提供されています。 外周と側面には、個人の庭や中庭があります。 これらも最大の影響と最大の美しさを提供する為に、建物に統合されています。 バングラデシュのこの種のコミュニティープロジェクトは持続可能な成長と、機能と共に美しさも組み込んだ開発の例となっています。

 

Via: バストラー

Today's Top Articles:

Scroll to Top