人気のエコ・ツアー

都会の日ごろのストレスから気分をリフレッシュする機会として、エコ・ツアーに人気が出ているようです。青葉や自然の景観に囲まれてあなたの感覚を自然の不思議な雰囲気に溶け込ませてくれる場所がたくさんあります。エコ・ツアーは環境に優しい旅行で、世界中で急成長している分野です。

パラグアイのエコ・ツアー

 

南アメリカの内陸国パラグアイは、多くの自然の景観と絵のような光景が豊富なところです。パラグアイは、文化や歴史、生態学や環境のコンビネーションにより、あなたのエコ魂に火をつけてくれます。ナイアガラ・パンタナールは、コウノトリやあひる、アオサギのような珍しい鳥のための安全な保護地区があります。パンタナールは、世界で最も美しく最も重要な保護地区の1つであると考えられます。

心から巨大な植物相と動物相を味わいたいと思っているならば、El Chacoを見逃すことはできません。その土地の広大さは100万平方キロメートルにもわり、パラグアイとピルコマヨ川の美しさが訪問客を魅了します。原始のまま残されているこの川の全地域は、純粋に美しい場所です。地元住民は、天然資源を保存し、またパラグアイの自然を保存する必要な手段を取ることによって、エコ・ツーリズムの促進にさらに貢献しています。パラグアイの最も高いYbytyruzu山脈の景観には魅了されると同時に畏敬の念が生じます。

オーストラリアのブルー・マウンテンズのエコ・ツアー

 

純度が高い自然の景色を求める人には、オーストラリアのブルー・マウンテンズ・エコ・ツーリズムは一見の価値があります。ブルー・マウンテンの名前は、ある人が遠いところからこの山を見た時、湿地や峡谷、崖、牧草地を覆う自生のユーカリノキ・ユーカリの樹が、あたかも青色のラップで覆っているように見えた、という事に由来します。

ユネスコ世界遺産地域に指定されたブルー・マウンテンをツアーすると、550平方マイルの地域をカバーする美しい公園と指定保護地区を目の当たりにします。自然愛好家はこの地域は野生の草花と野生生物の住処を気に入ることでしょう。ここで自然を味わうために、ハイキングやブッシュウオーキング、ロッククライミング、カヌーなどで山を楽しむことができます。この地域には多くの環境にやさしいキャビンやロッジがあるので、思い切り美しい自然の中へ飛び込んでいくことができます。

ガラパゴス諸島のエコ・ツアー

 

不思議なガラパゴス諸島を探検して自然の壮大さに浸ることができます。ファーストクラスやデラックスなヨットで、この写真のような環境にやさしい島々を渡り歩くのは楽しいでしょう。このような小さなヨットは、安全かつ気軽に様々なところへ移動することができます。それぞれの島は異なった植物やの動物の住処となり、各島はそれぞれユニークな生息地となって発展してきました。

ガラパゴス諸島には地球のほかのどの場所でも見ることができない珍しい種類の動植物が生息しています。ガラパゴス諸島を探検する他に、思う存分冒険したり、ハイキングしたり、シュノーケリングや他の広範囲に渡るレクリエーションを楽しむことができます。岩の崖、白い海岸、そして黒砂海岸、噴石丘、海岸線や溶岩流に溶け込んで、幸せのひと時を過ごすことができるでしょう。

ノルウェーのフィヨルドのエコ・ツアー

 

ノルウェーのフィヨルドのエコ・ツアーの重要な部分は、自然や様々な文化活動を楽しむことです。数世紀にもわたり旅行者たちは、その目の覚めるような景色と、都会から隔離された環境をもとめてノルウェーのフィヨルドに集まってきています。ノルウェーは、その地域が青葉で茂り野生生物を保護するための条件を提示し、厳しい環境規制を敷いています。

この地域の美しさは、中世から原始の状態のままで保護されてきていて、その海岸の村も同じように保存されてきています。フィヨルドには何千もの滝や川、緑の斜面、湖、野生生物、そして氷河などのパノラマの風景を繰り広げます。好きなだけ静かなボートに乗り、カヤックやハイキングのようなエキゾチックなレクリエーション活動を通して、日ごろのストレスですり切れた神経を癒してください。

ボツワナのエコ・ツアー

 

ボツワナは、その様々な野生生物、巨大な荒野や文化的特殊性で有名な、ポピュラーなエコ観光地です。ボツワナはアフリに存在する純粋な自然環境保護区の1つです。多くの野生生物を観察することができるサファリが観光客に人気のアトラクションです。野生生物の居住地域が厳重に管理されていて、一度にほんの少しの訪問客だけがその生息地域に立ち入ることができ、観光客用の交通制御を敷き、自然の生息地を保存しています。

政府はエコ・ツアーの魅惑的なコンセプトをさらに開発するための政策を打ち出しました。自然公園、目を見張るような景観、そして種族の土地の存在は、その場所をエコ観光地として有効利用することを政府が熱望したのです。

 

Today's Top Articles:

Scroll to Top