簡易ハウスのエコな未来

簡易ハウスというとどのようなユニットなのか、そのタイプが話題になりますが中心機能は環境にどういう影響を及ぼすかそのことに尽きます。

土地が少ない

長年にわたって無計画な建物の乱立のせいで土地が少なくなって、多くの人が移動ホームに住むようになってきました。そして自然災害時にや戦争時や飢饉の際にも有効です。

小さな家でエコに暮らす

一方で移動ハウスの生活基準は今までは低く、研究によると温度調節や断熱効果、さらには使用素材もとても誉められるものではありませんでした。そんななか、エコフレンドリー簡易ハウスは実用的で効率の良いことが特徴です。実際にエキスパートデザイナーが手がけるものも出てくるほどで、土地の乱用に対する有効な解決を与えてくれるものとして期待されます。

トレンド

A)エコカプセル

全て揃った効率性がエコカプセルの重要機能でして、ナイス建築によってコンセプト化されてアルミ製のカプセルは移動ハウスとRV乗用車の合いの子のような感じです。詳細をみると270平方フィート2人用で、廃棄物収納箱も揃っていて水のリサイクルも可能です。

B)エコ持ち運び式ホリデーカプセル

これもまだコンセプト段階ですが、グリーンに旅行できるカプセルです。デザイナーのナウ建築によると継続使用可能性エネルギーで稼動し、必要なもの全てが揃っています。もっと大切なのは世界中どこでも持っていくことが出来てジャングルの中でも平気です。

C)Mキューブ

産業デザイナー、ベンジャミン・ベックによって作られたMキューブは次世代簡易ハウスです。2.55mX2.55mのユニットは利用者の状況に応じてどこでも簡単に設立が出来、コンパクトなだけでなくガラスの使用の仕方がクレバーで自然光を存分に取り入れられます。

D)iPad簡易ハウス

どうも簡易ハウスというと気取った感じのコンセプトが目立ちますが、これは違って建築家アンドレ・ホッジスキンはiPadのように使う人を考えた製品を考案しました。つまり設置も簡単でインテリアの色使いもバラエティーに富んでいてデッキも付いています。

E)「ザ・住居」マイクロホーム・コンセプト

アメリカの製品デザイナー、ジョー・サレーノはクルマと一体化したような家を形にしてハイブリッドのような建築形態の家を作り出しました。クルマ用スペースは別に取られていて住居スペースは100平方メートルです。スペック上では丁度良いサイズの住居でキッチンとバスルームまで付いています。電気は太陽電気と風力発電でまかなうため一般燃料を必要としません。

これがもたらす意味

建築業界はわれわれの経済状況に大きな影響を与えるもので、インパクトの大きさはカーボンフットプリントにも及びます。例えばイギリスでは去年のカーボンフットプリントの総量の30%は住居から出た物だという事です。ですからなんとかしてエコに転換していく必要があるのです。もちろん皆が皆荷物をまとめて移動ハウスでジプシー生活を送れといっているわけではなく、こうすることでも排ガスの削減が出来るということです。実際に長い目で見れば都市部においてはかなり効果的な手段です。

その他の効果

近代生活においてはエコかどうかに加えてお金の面も見逃すことが出来ません。これに関してもこの簡易ハウスは割りとお手ごろなのです。さらに再生エネルギーを使ったり自然光を有効利用したり、さらには建築素材の節約も実現することができます。

Today's Top Articles:

Scroll to Top