モハーべ砂漠の軍事基地は再生可能な太陽エネルギーを7GWを発電する可能性

米国国防総省のコンサルティング会社ICFによって実施された研究によると、カリフォルニアのモハーべ砂漠の4箇所の軍事基地にある余剰の土地では太陽光発電所を7ギガワットまで生産することができる可能性があることがわかりました。基地には、エドワード空軍基地、フォートエルウィン、チャイナレイク、29パームを含みます。 3万7千873エーカーの土地がこの太陽エネルギー施設を設置するのに利用できます。進行中の運用上ニーズまたは、潜在的ニーズのための軍の必要なスペースに影響することはありません。設置される太陽エネルギー施設のタイプは、シリコンの平面パネルにするか太陽集光器にするかはまだ決まっていません。 もし開始の許可が下りたら、 発電所施設は2015年までに開始するでしょう。

Military Bases in California Desert Could Generate 7 GW of Solar Power

太陽光発電は既にネバダにあるネリズ空軍基のような地個人の軍事基地で生産されています。その基地では、14メガワット太陽光発電設備がエネルギー需要の約半分に対応しています。

潜在的な7ギガワット発電は国防総省で使われる全電力の約30%を表します。国防総省は、既に、年間の電力費用が40億ドルを超える、世界で最も大きな組織のエネルギーユーザーです。ICFの研究所はその土地は民間の電力生産者に貸し、その生産者が費用を負担して太陽光発電所を設立することを勧めています。開発者は土地の賃貸料を支払い、電力売上から利益の一部を分配されます。ICFは年間計1億ドル以上になると見積もっています。

民間の電力開発会社にとって、軍事基地は多くの点において、発電所を設立する理想の場所です。その土地は既に国防総省があり、周辺はフェンスで警備されています。 軍事基地は道路網にうまく連結されており、重い車両の動きを操作することが可能です。また、迅速なアクセスのための滑走路やヘリポートもあります。 電力供給ネットワーク接続は既に実施されており、信頼性が高いです。 基地にはまたワークショップ施設や、クレーン、その他のリフティング器材があり、高度な技術を保持し、士気の高い技術者や専門家もいます。Via: Ecogeek

Today's Top Articles:

Scroll to Top