Home Geen Tips @ja エネルギー効率のよい屋根にする方法

エネルギー効率のよい屋根にする方法

by admin

 

エコ意識の強い住宅所有者は、シンプルな工夫をすることによって、環境の保護に向け個人的な貢献をするだけではなく、同時にお金も節約することができます。持続可能なエネルギーへの取り組みや、エネルギー効果の高い屋根のアイディアは現在非常に注目されています。屋根は夏の間は外部の熱を入れず、冬の間は内部の熱を閉じ込めます。このように屋根は、エネルギー効率において重要な役割を果たしています。

 

反射コーティング

 

屋根が光を十分に反射するようにすることは、エコでもあり、省エネでもあります。屋根の上へ、反射する屋根材料を費やすことによって、かなり夏の間の部屋の温度を下げることができます。最終的には、10から15%の光熱費を節約することができるでしょう。市場で入手可能な製品は、反射タイル、ペンキ、PVCシートなど様々なタイプから選ぶことができます。

 

断熱材を追加

冬の間、特に標高の高い地域で生活で、家を暖かく保つには屋根裏、または屋根に断熱材を追加しましょう。屋根の断熱材は、エネルギーを保つ最も効果的な手段であり、15-20%の電気代を削減します。毛布のような別名キルト断熱材、シート断熱材、吹き繊維断熱材等、色々な断熱材が出回っていますが、R値が最も高い断熱材は、一番断熱効果が高く、コスト効率も優れています。

 

屋根を明るい色のペンキで塗る

家の屋根は、家の他の部分よりも直射日光にさらされます。屋根の上を明るい色のペンキで塗装することはとても重要で、エネルギー効率化に役に立ちます。淡い色は、濃い色より光を反射するので、淡い色合いのペンキを選択しましょう。オーク、ホワイト、ライトグレー、明るい緑などを選び、冷房費を抑え、家の二酸化炭素排出量を減少させましょう。

 

緑の屋根

屋上緑化、または緑の屋根は、酸素を含んだ空気の放出など、多くの利点を持っています。緑の屋根は断熱効果もあり、家のなかを涼しく保ちエネルギー消費を減少させます。

 

屋根にソーラーパネル

あなたの家の屋根にソーラーパネルを取り付けることにより、無駄な暑さと光をエネルギーに変えましょう。これらのソーラーパネルは、太陽エネルギーを電気に変換し、家の中でこの緑の電気を使用することができます。しかも、大手電気会社への依存を最小限に抑えることができます。

Today's Top Articles:

You may also like