Home Uncategorized バレンツ海の熱帯グリーンハウス

バレンツ海の熱帯グリーンハウス

by admin

ポーサンガー・ブロッサムはノルウェーにおける将来の気候変化に対する対策機構とされています。たくさんのグリーンハウスがノルウェー国民にとって、周辺太平洋諸島が海中に沈むことによって移民で膨れ上がることが予想されるのでその対策なのです。

太陽光と波の力が発電に使われるので、このグリーンハウスは完全独立式です。それでも移民ラッシュにより1000万人を収容することになることに関連して、このプロジェクトが目指すところに達するには大きなハードルを乗り越えなければなりません。

土地独特の知識や技術をフル活用する形になりますので、フィンマークにあって比較的強い波の力を有効利用するために完全独立式のデザインにしてエネルギー発電を最大化させるなど、このポーサンガー・ブロッサムは将来の必要を見据えたクレバーなデザインが特徴です。

また、ノルウェーは海洋生物研究の中心地としての役割も果たしているため、この施設は穀物の冷凍サンプル保存地としても利用されることになります。時間と労力が科学者チームによって惜しみなくつぎ込まれることで、地球規模の食物銀行として熱帯地域独特の植物の冷凍サンプルの保存地として活躍します。

ノルウェー政府はこの食物銀行のプロトタイプにおいて近隣諸国のツバル、モルディブ、トンガそしてマーシャル諸島の植物の細胞を貯蔵しておこうと計画しています。実際に初期段階が経過してプロトタイプ植物から種子が取れるようになりました。このポーサンガー・ブロッサムプロジェクトによって各地域独特の食の文化を維持することは可能になり、周辺諸国から流れ込んでくるであろう移民にとって大変重要です。

Today's Top Articles:

You may also like