Home Uncategorized オープンソースエコロジーで維持可能な社会を

オープンソースエコロジーで維持可能な社会を

by Ecofriend1874

維持可能なコミュニティーを立ち上げるオープンソースエコロジーの効果

国連気候変動会議の出席から一ヶ月も経たないうちに、ドーハで世界の首脳を招集する事が決まっています。 気候に直面する全ての難問を解決する事で、テクノロジーが決定打になるかもしれないと考えて、会議の一部で、テクノロジーが議論されるに違いありません。 他には、テクノロジーの分野で継続的発展が、現在の生態系が窮地に陥っている主な原因となっているという見解を持つことも予想されます。 どちらの議論も恐らく妥当な点が幾つかありますが、基本的にはどちらも正しいのです。 テクノロジーは問題の一部を構成しているでしょうが、解決の部分を形にする必要があります
open-source-ecology-mach
環境や維持可能について考える時、人々は往々にして大規模なテクノロジーに焦点を当てているようです。 産業汚染の様な問題には大きな解決策は素晴らしいでしょうが、それが比較的簡単な事もあり、かなりの重量をもたらすことが分かっている、小規模な解決策もあります。 これらの取り組みの一つが、地球村建設セットに関するオープンソースエコロジーで、オープンコースは単なるソフトウェアより遥かにしっかりと実践的に示します。
オープンソースエコロジーの基礎
僅か2年前に開始されたオープンソースエコロジーは非営利組織で、技術者、農業家、サポーターがオープンソースを作り上げました。 農業や建築を目的とする独自の持続可能な産業用機械を作るために、高性能でコストの掛からない技術のプラットフォームを、小さなコミュニティーや個人に提供します。 オープンソースのコンセプトがデジタルな語彙によく埋め込まれていて、そのコンセプトが現実の世界に適用された時、その結果をみて驚く事でしょう。 それは全く新しい他のものになっているでしょう。 これが、技術者と農家とボランティアのネットワークが団結して、オープンソースエコロジーを形にした事なのです。 これらの特定のオープンソースのデザインは、何等かの産業を始める為に、そして環境に配慮した持続可能な自給自足的モデルを社会に提案出来るように、コストの障壁を排除しています。 これは流行に敏感な人や流行の都市農家には素晴らしい選択肢になるかもしれませんが、実際は、発展途上国の農業の一部に使われる、非常に重要な手段として適用するものです。
Liberator_wide
起源と展開
オープンソースエコロジーほ概念は、融合物理学の博士号を持つマルチン・ジャコブスキーがその始まりです。 じゃこぶスキーはまず、ミズーリのノン損地区でこのプロジェクトを開始しました。 ジャコブスキーが自分の農場を始めようとしたとき、この考えを思い付きました。 そして直ぐに、農場や建設等を作るために必要な、低コストの手段が無い事に気付き、自分で作ろうと決心しました。 彼は、長持ちしそうな地元の素材とリサイクル素材で最適化された、素朴で簡単に組み立てられる上に、非常に機能的なツールが必要だったと、言います。 そして、その背後でこの考えを支持する幾つかの明るい心があったのです。 ジャコブスキーはテッド・トークに、このプロジェクトを始める動機と、オープンソースの情報を使って維持可能な社会を作ろうとする彼の果てしない献身を説明したのでした。 それは実際注目に値する事です。 また地球村建設セットを利用して、彼女独自の『キーライン農耕機』を作り上げた農業家が居る事も特筆すべき事です。

Open-Source-Ecology-Community-Needs-Assessment-February-2012-Map-With-Title

現時点ではプロトタイプの段階で、8機が存在しています。 これらには多目的鉄工やブルドーザーやドリルプレスを含んでいます。 オープンソースエコロジーの可能性は無限に続きます。

Today's Top Articles:

You may also like