中部大西洋岸100万世帯に届く太陽エネルギー

太陽発電に切り替える理由は多数有り、太陽エネルギーが豊富な中部大西洋岸の州にとっては特にそういえます。政府は可能な限りの支援を施し政策当局も太陽発電の大規模な生産を促す方法を考案しています。過去2年間にこの地域の太陽光発電量はほぼ2倍になり、現時点では100万世帯に供給する量にあたる1ギガワットを発電しています。

Mid-Atlantic Solar

政府の税控除拡大や優遇策の延長と共に、太陽光の利用を促す要因には調達方法の簡易さや技術コストの低さなどがあります。消費者に提案した調達方法の1つとして、自家所有者は無料で太陽光パネルを設置できるという方法があります。ただこの方法は、この設備を借り受けこのパネルが発電する電力を買い取ることに合意してのみ適用されます。

進歩的な歩みを踏み出したにも関わらず、この地域の送電線網の発電量186ギガワットに比べると1ギガワットの発電量はとるに足らないものです。このエネルギーはワシントンDCを含む中部大西洋岸の13州に供給しています。現時点では、バージニア州とワシントンDCは石油の燃焼による電力生産に頼っており、この方法は空気の質を落とす主要な汚染源の1つです。NGOのClean Air Task Forceはこの地域の1万3000人は石炭火力発電所からの公害によって死亡したことに気付きました。

この事実を考慮すれば、太陽発電への転換を推進する方策は明らかに必要であると言えます。この取り組みは環境や住民の健康にとって有益であるうえにこの地域の野生生物にとっても安全です。

Via: Cleantechnica

Today's Top Articles:

Scroll to Top