Home Geen Tips @ja グリーンなクリスマスを祝うコツ

グリーンなクリスマスを祝うコツ

by admin

クリスマスがあと数週間後に近づいて、世界中でその準備が始まっていることでしょう。あなたに楽しいクリスマスを過ごしてほしいのですが、同時に、環境に悪い影響を及ぼさないようにしてほしいのです。自然と共存したクリスマスを祝うための驚くほど簡単な以下の方法で、今年はグリーンなクリスマスをお過ごしください。

グリーン・ギフト

グリーンな贈り物を交換しましょう。環境に優しいプレゼントを贈ってください。環境に優しいものをプレゼントしよう思っているなら、それをあなたの大切な人々に買う前に、その評価をチェックしてください。このようにして、あなたの大切な人々が環境保護を意識するように促すことができます。日々更新される私たちの「グリーン・ギフト」セクションも、合わせて見てみてくださいね。

グリーン・ラッピング

グリーン・プレゼントには、グリーン・ラッピング が必要ですね。きらきらと輝くラッピング・ペーパーを買う代わりに、できる限りクリエイティブになってみてください。買い物袋をラッピングに使ってみてはどうでしょう。シンプルなラッピング・ペーパーが魅力的でなかったら、マーカーやクレヨンで素敵にアレンジすることができます。他にも、新聞や雑誌を使うことができます。あなたの贈り物にはやはり派手なラッピングが似合うというなら、あなたが受け取ったギフトのラッピングを再利用することもできます。

グリーン・グリーティング・カード

自分が環境を意識していることを他の人に伝えるのにパーフェクトな方法は、再利用紙のグリーティング・カードを送ることです。再利用紙でできた手作りのカードを送るよりいいものはありません。もし創造力が足りないというなら、環境に優しいグリーティング・カードを扱っているサイトあります

 グリーン・クリスマスツリー

木の伐採を防ぐために、古いものをクリスマスツリーにリサイクルしたり、厚紙でできたクリスマスツリーを購入してください。それでも本物のツリーがなければクリスマスが祝えないと思うなら、クリスマスが終わった後は庭に植えられる生きたクリスマスツリー はどうでしょうか。常緑樹しか欲しくないと言う人は、ツリーに根覆いをしてください。クリスマスツリーは根覆いがしやすく、かけがえのない資源を自然のシステムに戻すことができるのです。

地球に優しい食べ物

どんなお祝いでも、食べ物は重要な役割を担っています。何をどのように料理するかによって、小さな違いが生まれます。調理の際は、地元のもので、新鮮で、有機栽培による環境に優しい材料を使用するようにしてください。前菜からメインまで、できるかぎり地球に優しい料理になるようにしてください。調理にはソーラー・オーブン を使ってみてはどうでしょう。この記事を読む前に計画したバーベキューには、「ノー」と言ってくださいね。ちょうどここで、地球に優しい献立を選ぶことができます。

グリーン・ワイン

クリスマスの日の地球に優しい料理に加えて、ワインも必要ですね。あなたのお財布にも優しく、そしてグリーンなクリスマスにふさわしいワインは数多くあります。ここで、今年のクリスマスのお祝いのためのワインを選ぶことができます。

再利用・生物分解できる食器

プラスチックの使い捨て食器は、今年のクリスマスでは使わないでください。調査によると、プラスチックは分解されるまでに何千年もかかると言われています。その間、すでに不足している水資源を汚染し、食物連鎖の中で水中伝染の病気を引き起こします。よりよい方法は、通常の食器もしくは生物分解できる食器を使用して、自然の水で洗うことです。

食べ残しのコンポスト

お祝いが終わった後、食べ残しで堆肥を作ってみてください。あなたの料理はすでに地球に優しいものですから、それを堆肥にすることは、美味しいチョコレートケーキにアイシングをするようなものです。異なった食べ物を肥料にするいくつかのコツはここにあります。コンポストは、あなたの芝に肥料として撒くことができます。

ソイ・キャンドル

クリスマスはいつも、光のフェスティバルです。一年で最も長い夜の日がクリスマスになっているのも、不思議ではありませんよね。ソイ・キャンドルで暗闇を照らすようにしてみてください。ソイ・キャンドルは、お店で売られているほとんどのろうそくよりも長く火を灯しています。通常のろうそくは大量のすすを出し、室内の空気を汚染しますが、他方ソイ・キャンドルは、すすを出すことはありません。

ソーラーパワーの照明

ソーラー・ライトでクリスマスツリーの明かりを点けて下さい。ソーラー・エネルギーや他の再生可能エネルギー発電機によって、家を飾り付けるライトの発電をしてください。これによって、あなたが環境に優しくあり続けるということだけではなく、電気料金を下げることもできます。

Image Courtesy: MazTravel

 

Today's Top Articles:

You may also like