Home Uncategorized 維持可能なキャンプ用品を持って冒険に出かけよう

維持可能なキャンプ用品を持って冒険に出かけよう

by admin

夏になるとみんなが思う事は、都会の喧騒から離れ、荷物を纏めて、私達と自然の間に隔てるものがない屋外の涼しい場所に行きたいという事です。その前に念のために、現実の世界と繋がる為に基本的に必要品一式を準備する必要があります。熱心なキャンパーは大抵用具一式を準備していますが、繊細な周囲の生態系に影響を与えないような維持可能なシステムを使うのは良い事です。ここにクリーンで環境に優しいキャンプ旅行に必要な15の用品を紹介します。

オレンジソーラーテント

オレンジは太陽エネルギーを得るために最先端の技術を使って様々な維持可能な設備を備えた家であるソーラーコンセプトテント を開発しました。この未来型テントは、ワイヤレス充電ポーチを介して太陽から携帯装置で電力作りエネルギーを供給する事ができます。このテントはイベントに行く時などSMSメッセージや自動RFID実行技術を使って位置を追跡する技術「グロ-カチオン」を搭載しています。また目的地を認識できるように夜間はテントが光を放ちます。テントの心臓部には中央無線制御ハブがあり、柔軟なタッチスクリーン式LCD画面で発電量を表示します。さらに、内部発熱体がテントのグランドシートに埋め込まれていて中央ハブで制御されています。

 

ヒラソル・ソーラーコーヒーメーカー

何もない荒涼とした場所で一杯のコーヒーを飲むことほど気持ちの良いことはありません。工業デザイナーのクリストファー・G・パットン氏は環境に影響を与える事なくコーヒー好きのキャンパーに1日分のコーヒーを提供する方法を考えました。彼が分析した結果が「ヒラソル」でした。これはスペインの向日葵を意味します。コーヒーメーカーは、本当にノミ大尉と気に一杯のコーヒーを用意する為に太陽熱を利用しています。.

ソーラーキャンピングランプ

ソーラーキャンピングランプ はLED照明で昼間の太陽エネルギーを利用し、夜は6個セットのLED照明を灯すようにデザインされています。ランプはまた携帯電話を充電する事も出来ます。またバックアップとして古き良き手回し法での発電が可能です。

 

ソーラーGPSデータロガー

iBT-GPS ソーラーブルートゥースGPSデータロガー は太陽エネルギーを利用してGPS装置としても使用できます。画像を見て分かるように、装置は通常のカラー画面にソーラーパネルを置いています。2つの大きな機能を持ち、旅の記録を取る事とブルートゥースに繋げて携帯電話に通常のGPS機能を持たせることです。この装置は8メガバイトの内部メモリで5万ウェイポイントを保存することが出来、1回の充電で35時間以上使用することが出来ます。

マグライト

マグライトは工業デザイナーダニエル・ベイリー氏が手榴弾からヒントを得て、過酷な状況でも使用できるように設計された多機能式懐中電灯です。これはベルトの上に装着出来て点灯する時に引っ張る引き金が付いています。デザインには太陽パネルを使用されており、午前中太陽光を吸収し夜はクールな光を輝かせます。この懐中電灯は、そこから発する光の色を横のボタンで変える事ができます。

 

ハイドロウィンド

 

アンジー・ソロモン氏によるデザインで、このハイドロウィンドは本質的には風力タービンですが同様に水中でも水量発電出来る装置です。携帯機器を充電したりテントのランプを幾つか点灯させるのに十分な電力を作ります。

 

携帯用パラボラ調理器

食物を調理する時に木材を燃やして地球温暖化に貢献したくない熱心なキャンパー達にとって、太陽電力調理機は間違いなく環境に優しい解決策です。しかし現在、ソーラー調理器が二次選択となっているのは、食物を調理するのに太陽エネルギーを使用するので曇りの日は空腹になる事を意味するからです。工業デザイナーのシャオファン・シェンとニコライ・ルオラは、タンクの油を加熱させるために太陽エネルギーを集める携帯用パラボラ調理器 のコンセプトで、この問題を解決しようとしました。一度加熱されたオイルは、再び過熱が必要になるまで、数日間調理することが出来ます。

ソーラー冷却器

太陽冷却技術によるソーラー冷却器 は、キャンパー達の太陽発電式クーラーです。装置はノートパソコンや携帯電話の様な実利的多目的充電装置の様に働きます。太陽エネルギーを利用して飲み物や食物等を外気温の中で30℃以下に保ちます

 

お天気メイト

サムエル・ジョーンズ氏による「お天気メイト 」は緊急気象ラジオチューナーで手回しで充電できます。ラジオはNOAA天候ラジオ周波に瞬時にアクセスします。これには、問題が発生した時に救助隊に警告シグナルを送る照明装置が内蔵されています。

 

ひまわり

ひまわり は工業デザイナーのブライアン・ボージャ氏によるデザインで、太陽光を使って発電するバッテリーです。装置が太陽光に晒されると、花弁が開き充電する為のソーラーパネルが現れ、夜になると花弁は閉じて次に太陽に晒されるまでパネルは仕舞われます。充電が完了すると花弁は閉じ、バッテリーを取り出すために蕾は取り除かれます。バッテリーを充電する以外にも、この装置であなたと自然との距離が近くなります。

 

サンライト

ハーマン・エスク氏設計のサンライト は、ソーラーパネルが本体の下に隠れている太陽電力の照明器具です。サンライトは光度を調整できるに設計されています。ユーザーは必要によってLEDモジュールを加えたり取り除いたりすることが出来ます。LEDモジュールには其々、再充電可能な2AAAA電池が付いていて、その一つにはエネルギー有効活用する為の照明管理装置付いています。PVモジュールによって発電されたエネルギーはキャンプに持っていくほかの電子機器も充電することが出来ます。

 

ソラリスLEDランプ

ソラリス ランプはシステム内部のバッテリーを充電するソーラーパネルが搭載されていてLED照明のセットを点灯させるエネルギーを作ります。装置はリュックサックに掛けたり必要に応じて手に持つことも出来ます。

 

アクティブ・トラック・オーディオプレーヤー

アクティブ・トラック・オーディオプレーヤー は小型アンプとラジオを入れる小さな装置で、iPodに繋げることが出来きiPodドッグとして使えます。プレーヤーは内蔵されたソーラーパネルで充電しますが、手回し方式でキャンプ中の真夜中に充電する事も出来ます。

部分洗い洗濯機

工業デザイナー、ロン・ヤン氏とジン・クアン氏が、キャンプ地を移動する時ユーザーが容易に運べるシステムとしてこの部分洗い洗濯機 を設計しました。水が何時でも近くにある訳ではないので、大量の水を使う工程を省いて衣服の汚れた部分だけを洗濯します。このコンセプト洗濯機も豊富な太陽エネルギーを利用しています。

 

ハイミニ・ビスケットポータブル充電器

この ハイミニ は携帯電話やGPS装置を使える状態にする素晴らしい機器です。装置は再生エネルギーを利用して2個のAAサイズの電池を充電します。ビスケットは太陽エネルギーを利用するソーラーパネルと風力発電するファンを備えているので、電池を再充電することが出来ます。この装置はまた、USBを使って様々な電子機器を充電できます。

 

 

Today's Top Articles:

You may also like