デリーは国連報告の環境指標で世界最下位に


[box_dark]世界の都市を評価する国連住環境レポート[/box_dark]
国連住環境レポートは世界の様々な主要都市を評価し発展と繁栄の評価基準に基づいてレポートを作成するものです。最も最近のレポートは数日前でインド、特にニューデリー市では明らかに悪い報告がありました。市の機能がテストされその中には環境の維持可能性があり、これらを評価する色々なパラメーターがあります。このカテゴリーでは不合格なのがデリのようで、他の基準においても順位は最後です。

[box_dark]デリは環境に優しい都市?国連によるとN0です [/box_dark]
ニューデリーは広大な緑豊かな街で環境日配慮している都市であると主張していますが、最新の国連住環境レポートによって打ち砕かれました。市は世界で最も環境に優しい都市の一つであると言うのですが、国連住環境はデリを95都市の最後に位置付けました。最近の『世界都市環境』は、生活の質や生産性、環境の維持可能性等様々なレベルで国連が都市を評価して報告しています。

ニューデリーの総合点は環境維持可能性を考えると遥かに遠い0.448で、これはカトマンズやダッカより低い点数です。このカテゴリにおけるデリの悪い評価により、総合点でもかなり影響を受け58位につけています。都市の全体的な成長を損なう事なく、都市環境や天然の資産を保全尊重すれば、世界の都市で環境に優しく環境に配慮する都市だとみなされるます。都市は、遥かに効率的な方法でエネルギー資源を活用し、周辺に負担を掛けない効果的な方法を見つけなければなりません。

環境に優しいゾーン作りを目指している都市は、環境損失を最低限に抑える事に力を注ぎ、環境状況を改善する効果的な方法も考える必要があります。国連住環境報告書に記載されている環境維持可能性のパラメーターには、室内汚染、CO2排出量、空気の質の3つの指標があります。ニューデリーの全体的発展報告は非常に印象的で、都市のインフラという事では大きな発展を遂げていますが、都市の汚染レベルも都市と環境に極めて悪い発展を示しています。

ニューデリーの公共交通機関の状況もあまり良い訳でなく、発展の余地があります。空気の質に関して言うならば、非常に低く評価が減少しています。主要な要因の一つに、ニューデリーの道路に個人の交通機関が増加している事実があります。環境維持可能性についてはムンバイの評価点の方が遥かに高く、デリーの評価点はムンバイの近辺にもありません。国連住環境調査はニューディーの欠点ばかりをクローズアップしている訳ではなく、この街は幾つかの進展も見せています。

ニューデリーでのインフラの成長は称賛されていて、デリーはムンバイやジャカルタ、マニラの様に国連の評価基準では成功しています。生産性レベルのパフォーマンスの悪さがニューデリーの失点として表面化しています。集計されたデータでは、ニューデリーでは10の職のうち約7つが、職を失う危険性が高い労働組合に加入していないセクターに属し、これが全体的生産性に影響していると示しています。

ニューデリーは多くの問題を抱えていて、市がまず考慮すべき問題の一つは、環境を脅かすように増え続ける大気汚染レベルです。環境を破壊する要因の増加を抑制するために早急に対処する必要があります。

Today's Top Articles:

Scroll to Top