Home Solar [email protected] @ja @ja マッサーロコミュニティ農場、ウッドブリッジスポーツ5kWのソーラーを設置

マッサーロコミュニティ農場、ウッドブリッジスポーツ5kWのソーラーを設置

by admin

ウッドブリッジは、アメリカコネチカット州にある裕福な町のひとつで、長年、クリーンエネルギーの利用を促進してきた町のひとつだ。つい最近、マッサーロCommunity農場の歴史的な残存物に5キロワットシステムを設置するという重要なイベントを知らせるためにもう一歩前進した。このプロジェクトには21,500ドルを費やした。そして、この金額はクリーンエネルギー財政と投資庁(CEFIA)、そしてコミュニティによって共同で出資された。

Woodbridge farm

現場には2つの納屋があり、ソーラー施設から生まれるエネルギーを利用する。ウッドブリッジのクリーン・エネルギーへの献身に感銘を受け、CEFIAは18,000ドルを提供した。また、コミュニティは、3,500ドルを提供した。ソーラー、風力、バイオマスのような資源からの再生可能エネルギーに参加の意を表明するために、町の5%の家庭を獲得している。

マッサーロCommunity農場をソーラー電気システムの場所に決定することは、喜ばしいステップとなった。自給自足を与えることのほかに、地元で作ったエネルギーが経済的にも環境的にもはるかにすぐれているという町の人々や訪問者へのメッセージを強化するだろう。

また、この設置は戦略的重要性も持つと信じられている。クリーンエネルギーに対する熱心さを表し、将来の世代に、この状態が作られ維持するためにさらに努力をするために示唆し続けることを見せることになるからだ。

Via: Renewablesbiz

Today's Top Articles:

You may also like