Home Uncategorized ギリシャ、環境に優しいエネルギーで経済危機回復を目指す

ギリシャ、環境に優しいエネルギーで経済危機回復を目指す

by admin

ギリシャの首相、Lucas Papademos氏は、急激に落ち込む国の経済を回復するためのもっとも優先する事項に、環境に優しいエネルギーへの投資を宣言した。首相は、200億ユーロに値するソーラー戦略を含めた再生可能なエネルギーへの投資をうたい、ヨーロッパ連合国の中で最も多くの環境に優しいエネルギー輸出国になることを望む表明を明らかにした。また首相は、ヘリオスプロジェクト、ギリシャの太陽エネルギーの生産量を2010年に206MWから2020年には2.2GWまで増加させ、さらに2050年度までには10GWまで到達させる目標計画を立て、この画期的な計画を実現することを期待している。

Greece touts green energy 2050 roadmap as key to economic recovery

ギリシャの経済状態に関してはこれまで多くの議論があった。ギリシャは多額の赤字額を減少させたが、それでもそれは国のリーダーの開発計画を満足させるものではなかった。この新プロジェクトは画期的な結果となる可能性が予測されているが、そのことによりギリシャはEUの焦点として浮かび上がってしまうきっかけを作ってしまうことになる。豊富な太陽光を利用し、それを自国、そして太陽光があまりない他の地域のための経済的利益に直接転換することは、その国にとっての素晴らしいチャンスだと思われる。

また、Helios首相の計画は、特にヨーロッパ諸国の協力のもと、近い将来、太陽光発電と代替的エネルギー源で成功する可能性を証明する一種の機会のひとつであるとして称賛されている。

それと同時に、ギリシャのエネルギー気候変動諮問大臣のGeorge Papakonstantinou氏は、再生可能エネルギーの計画表の草稿を発表した。ギリシャEUの目標に見合うために2050年までに80%の排出量を削減することを主張するつもりだ。この文書は、EUの目標をより効率的に満足させるために、エネルギー使用の節約ポリシー、および再生可能なエネルギー源について強調している。

Via: Businessgreen

Today's Top Articles:

You may also like