Home Uncategorized 水素燃料電池で充電するポータブル電子機器

水素燃料電池で充電するポータブル電子機器

by admin

水素燃料電池って何でしょう? それは電気化学電池で、水素の化学エネルギーと酸素または空気で、電気エネルギーを形成するものです。 電池は、燃料パックとあなたがいつも持っている推奨される水で動作します。 もしあなたがアウトドアが好きな人なら、水素燃料電池を使う、次の様な電子機器について必ず知っておく必要があります。 それらは下に記載されているので確認していって下さい。

水素燃料電池式ケトル

工業デザイナーのマシュー・スミスは 水素燃料電池で動作するワイアレスケトルをデザインしました。 コンパクトで環境に優しく、特にキャンプに出掛ける時など、何処へでも簡単に持って行くことが出来ます。 電気は、水素燃料電池の助けを借りて水素に変換する事によって作られます。 電池はケトルの下半分にあり、上半分でお湯を沸かします。 水素カートリッジを回しているLEDリングがあり、ケトルのスイッチを入れるとライトが付きます。 取り扱いが簡単で、大きなコントロールボタンがあります。 ケトルは将来2100年に使用する為に作られています。

パワートレック、ポータブル充電器

何処にいても必要な物を何でも充電することが可能な機器で、リチウムイオンバッテリーパックで構成された充電施設をユーザーに提供する為にデザインされ、燃料電池としても使用できます。 パワートレックは、電気を生成する為に必要な、水素を得るために水を消費します。 便利なポケットサイズで、少しも重さを感じない環境に優しい機器です。 それは効率的な発電源で、PEM4電池ユニットにサポートされ、速やかに動作します。 1000ミリアンペア時間の燃料電池は防水ケースに入っています。 携帯電話の電池切れを心配する事なく楽しめ、また出かけていて暗くなり、コンセントも他に電源が無い時に、懐中電灯を充電する事も出来ます。

ホライゾンのミニパック燃料電池充電器

ホライゾン・ミニパック は、多項選択式ケーブルを統合したマイクロUSBスロットの助けを借りて、1.5-2ワットの一定の電力を提供し、他の電子機器を充電します。 エネルギーが12ワットまで上がる充電式水素燃料電池を使う事も出来ます。 この製品を混合すると、PEM燃料を効率よく生産し、金属水素保存溶液が使われていて、これは水素を、乾いた状態で非有毒で非加圧素材として保存し、勿論無害です。 水素を保存し、燃料電池に存在する金属スポンジの助けを借りて、水素化金属に変換する環境に優しい製品です。

G2ポータブル燃料電池電力源

携帯電話やPDAデジカメや他の装置も、電源について心配する事なく、G2ポータブル燃料電池電源の助けを借りて、より効率的に充電することが出来るようになりました。 オングストロムによるデザインでUSBポートが付いています。 V60燃料電池モジュール8個のクラスターによって充電される、2.0ワットの燃料電池システムで構成されています。 この製品を持っている事で唯一の欠点と言えるのは、水素電池は補充しなければならないので、ステーションが必要です。

燃料電池ステッカー

 

マイFCはスウェーデンの会社で、リチウム電池と同じくらい小さい、持続可能なワイアレス携帯燃料電池システムを考えました。 燃料電池ステッカー、その名前が語っているように、調節可能な厚さ0.11インチの燃料電池の重量は、僅か0.2オンスです。 それは電力密度と効率を強化する陽子交換膜を含んでいます。 0.5ワットで0.9ワットの電力を生成します。 これは将来の計画です。

 

 

Today's Top Articles:

You may also like