Home Uncategorized 『ハイドロ・ワン』の配電線が、スマートテクノロジーに更新される

『ハイドロ・ワン』の配電線が、スマートテクノロジーに更新される

by admin

カナダ、オンタリオの主要な電力配給会社、ハイドロ・ワンは、行政区の電気システムの開発を目的とする新しいスマートグリッドプロジェクトに、IBMとそのビジネス・アソーシエイツのテルベントを選びました。 プロジェクトの準備の為に、関連会社は、電力効果と信頼性の向上に可能性を示す、スマートグリッド技術を評価する計画をしています。

Smarter technologies to be tested on Hydro One's distribution power grid

現在機能している電力配給システムは、1950年代に建設され、多くの構成要素は使い古されたものです。 さらに技術の進歩や市場の圧力、地方政府の政策や環境意識の増加が、オンタリオの電力システムに一定の義務を果たすよう、圧力をかけています。

ハイドロ・ワンはこれを良い機会として、老朽化した電力システムを、顧客の高度な期待に応える、新しく現代的で洗練された技術を交換します。 ハイドロ・ワンはハイテク拝殿装置を評価する為に、IBMとテルベントと協力していく予定です。 最も有益な選択で、信頼できる電力源を求める、特に農村部の顧客を満足させるでしょう。

高度配電システム(ADS)プロジェクトと名付けられ、チェック装置を利用するパラメーターを規定していて、電気を配信するモデルをテストし、新しいスマートグリッドの利点やコストの理解、またオンタリオの配給システムを改革するコスト効率の良い方法を薦めます。 プロジェクトは配給網に再生可能エネルギーを統合をも促進します。

ハイドロ・ワンはエネルギー使用量を最適化し、解析論に基づく新情報から収集された価値ある洞察力によって、より良い経営戦力を明確にします。 さらに大規模な状況での停電管理も改良を加えられます。

IBMはシステム全体の統括者としての役割を果たし、実用的なネットワークソリューションを計画実行する為に、スマートグリッド技術の知識を提供します。 ハイドロ・ワンは、管理や計画、分析を含む配電システムの完全な研究の為に、テルベントから高度配電管理システム(ADMS)の照会を受けます。  ハイドロ・ワンはオンタリオ地域の成長を助け、オンタリオの住民に、手頃な再生可能エネルギーを提供するでしょう。

 

Via: IBM

Today's Top Articles:

You may also like