太陽光ランタンがグジャラットにもたらすエコ生活

私達の注目する殆どが、環境を守り、地球に優しい製品であるという昨今、村落地域でさえも決して遅れを取ってはいません。グジャラット地方では、新たな環境保全イニシアチブのもと、20万人以上の女性が. エネルギー効率のよい調理台と太陽光ランタンを利用して料理することになります。このイニシアチブは「ハリヤリ(現地語で『緑』の意)」と呼ばれています。環境コンシャスであることが流行しているため、このイニシアチブは女性起業家協会(Self-Employed Women’s Association (以下SEWA))が実施する運びとなりました。SEWAはイニシアチブの実施にあたり、銀行から2億5千万ルピーの支援を受ける予定です。国際金融公社(IFC)は農村貧困層への銀行が融資手続きを完了させるための任務を行うことになっています。

Solar lantern,

太陽光エネルギーは多様な用途に対応しますが、今回のランタンと調理台はそんな事実を強調する一例と言えるでしょう。これらの製品は、燃やすための木材費用や灯油代、そして電気代など利用者のコスト削減だけにとどまらず、多様な組み合わせの恩恵につながります。例えば煙を原因とする深刻な呼吸器疾患の罹患者数の削減などもそのひとつでしょう。また、学生の学習や、女性が行う工芸品製造などの作業における時間の延長、また質の向上にも役立つのです。

この太陽光ランタンは村落地域でのニーズに合わせてデザインされています。日光による6時間から8時間の充電で、10時間の照明が可能で、価格は1800ルピーです。一方、バイオ廃棄物と木材を利用した、煙の出ない調理台の価格は2800ルピーになります。
このイニシアチブは、グジャラットの女性が環境にもお財布にも優しい生活を実現するための一助となることでしょう。

Via: Dailypioneer

Today's Top Articles:

Scroll to Top