iPod用の環境にやさしいdock(ドック)

ゴー・グリーンは最近の傾向で、私たち各自で、新しい分野のグリーン製品に買い換えています。私たちは環境保護に貢献しなければなりません。しかし、それは贅沢品や流行りのものをあきらめる必要があることではありません。ここでは、友達を圧倒することができる、環境にやさしいiPodとiPhoneドック製品をご紹介します!

 

ソーラーパワーEton Soulra XL

ソーラーパワー Eton Soulra XLはiPod/iPhone用のスピーカー・ドックです。伸縮自在のソーラーパネルは日光をエネルギーに変換して2,000mAhの再充電可能なリチウムイオン電池に保存します。価格は300ドルです。iPod/iPhoneで音楽を聴くのに、ぜひお試しください。

ソーラーパワーGear4

これはトム・プリチャード氏が設計した環境にやさしいスピーカーです。太陽エネルギーで動作し、さらにiPodのバッテリーを充電することができます。本体は小さいですがとてもパワフルです。これはエネルギー効率を美学的な喜びにしてくれます。

ソーラーパワーReVerb iPodドック

Regen ReVerbは3フィート大のiPodドックステーションです。サブウーファー、LCD表示パネル機能と、6ワットのアウトプット機能があります。2,299ドルで購入することができます。

iPod スピーカー Soulra

エコ機器のSoulraは、iPodとiPhone用のソーラーパワーのピーカーです。Soulraは、8Wの出力です。それはリモート・コントロールが付いて、価格はリーズナブルな199ドルです。

ReNu iPod ドック

ReNu はRegenのも一つのかわいらしいiPodドックです。持続可能な太陽エネルギーと従来のソケットによってReNuに動力を供給します。重さ1.8ポンドしかなく、価格は149ドルです。

ReNu ソーラーパワー充電器

これはRegenのもう一つの素晴らしい製品です。ReNuシステムは、ソーラーパネルからエネルギーを作成し、再充電可能なリチウムイオンバッテリーに保存する独自の充電装置です。これで様々な機器を充電することができます。環境を意識した商品としては格安な199ドルです。

iPod用のWoodtecドックステーション

Woodtecで自然をデザインに取り込むこんだ手製のiPodとiPhone用ドックです。USBインターフェースでPCを充電することができます。130ドルで販売されており、デスクトップのお洒落なワンポイントとなるでしょう。

ウッド・ミュージック・スピーカー・ドック

ウッド・ミュージックはドックと生物分解性のスピーカーを組み合わせたものです。この魅力的なデザインのドックは、iPodとiPhoneで作動します。本体のスピーカー部分に穴が空いています。

Vers 2X iPodドック

Vers 2Xは、サクランボの木の化粧板を張ったキャビネットを持続可能なプランチーノで作っています。プラスチックの代わりに天然材料を使うことが、地球環境を保存することの出発点です。

環境意識の強いiPodドック

これは、再生可能な森林から保証されたリサイクル・プラスチックと木材から作られたもう一つのiPodドックです。100ワットの出力、リモート・コントロールとaux-in接続の機能があります。

廃棄物を再使用したiPodドック

この不思議なiPod/iPhoneドックは、パイプなどのような再使用された産業スペアから作られています。アバンギャルドな家には面白いデスクトップの贈り物となるでしょう。産業iPodドックの価格は95ドルです。

SpeakalのiPhoneドック

これはとても面白いiPodドックです。ブタの耳がスピーカーで、腹部はサブウーファーになっています。それは全て環境にやさしい材料で作られています。Speakal iPhoneドックには従来のソケットで充電することができる再充電可能なリチウムイオン電池を使用しています。価格は150ドルです。

折り紙iPodドック

これは、iPhone/iPad用の環境にやさしいドックを全く新展開したものです。Designers at Dessine moi un objetとはフランス語で、「私に何かを描いてください」という意味で、テンプレートを無料でダウンロード提供しています。好きな自分のドックを作ってみてください!

ビクトローラのパワーレス・アンプ・ドック

ビクトローラは、古い蓄音機のような再使用された部分から作られたiPodドックです。これは電力を必要としないアンプで、補足電力を使用しないので、最も環境にやさしいアンプといえるでしょう。価格は400ドルとちょっと高価かもしれませんが、是非ともお試しください!

 

 

Today's Top Articles:

Scroll to Top