Home Uncategorized サンドラセンサーの登場により気象研究はいっそう高度に信頼できるものになる

サンドラセンサーの登場により気象研究はいっそう高度に信頼できるものになる

by admin

Climate models(気候モデル)によりこれまでの私たちの結論はいつも多種多様であった。何故なら、いままでの事実収集の手法は正確性を欠き信用できるものではなかったからだ。これはすべて風向き、季節、ガス含有量のように予測不可能な変動要因が一体となって起こるのだ。採取されたガス試料もまた、分析が行われる前であっても蒸発する可能性がある。付け加えて、センサーは高価で重量があり、しかも壊れやすいという理由から配備が難しい。サンディア国立研究所はある変換技術を開発したという。それはエア・サンプラー(大気採取装置)という形態で、イアプラグ程度の大きさで安価な費用で効率的に大気圏内の試料を収集する装置だ。

Miniature Sandia sensors may advance climate studies

サンディアのサンプラーはイアプラグほどの大きさで安価な銀色のマイクロバルブとマイクロバルブからぶら下がるソルダーコネクターから成り、気候に関連するガスを採取する。現在稼動していないので、このプロトタイプは反射鏡に依存してアルバカーキーの天候を映し出している。マイクロバルブはサンプル室の上部に設置され一般に利用されている合金を用いる。加熱すると合金(ハンダ)は溶けて穴の入り口をブロックするように流れる。冷却時にそれが再度固形化し、不浸透性のブロックを形成し、ガスを密封して蒸発を防ぐ。

サンプラーは設計が非汚染性なのですべての技術的要件に適合するうえでプラスに働く。これらの新しいマイクロバルブは軽量で頑丈でしかも安価である。それゆえに広範囲に配備し利用するうえでなんら問題は起こらないはずだ。サンプラーはガスを効率良く数秒以内に取り込む。ガスを取り込む際通過する穴の直径はせいぜい人の毛髪を3本合わせた程度と超極細だ。

Via: Sandia

Today's Top Articles:

You may also like