Home Uncategorized 自然に優しい天然素材の建築材

自然に優しい天然素材の建築材

by admin

世界が急速に都会化するにつれて、建築材の需要も急速に伸びています。しかし、建築材というのは環境に優しいだけでなく、大量に見つけられます。このような地球に優しい建材は、さまざまな利点があり、今までの建材に取って代わるものとして完璧と言えます。

一番喜ばしい事は、これらの建材は天然の素材であるため、。大量に入手可能です。では、七種類の地球に優しい天然の建材を見てみましょう。

一番重要で信頼できる天然素材は竹です。それだけでなく、竹はファッション性に富んでおり、昔の人たちは、竹で作られたセンターテーブルと持っていたり、物置や中庭の小屋などや竹で作られていました。しかし、ここ10年程度の間、竹は再度流行り始めており、多くの人の目に留まっています。アメリカやアフリカの国々では、都会だけでなく郊外や村でも竹で作られた家を簡単に見つける事が出来ます。今は、インテリアの装飾品の一つとして竹が使われます。アジアの国々で、高速道路や橋の建設に竹を使っていると知って驚きになるかと思います。再利用の可能性としては、ほかの木材よりも優れています。他の木材よりも短時間で成長します。ただ、工事に使う場合には、科学薬品で防虫加工や撥水加工を施す事を忘れてはいけません。それでも、竹は大変長持ちします。

石炭

巨大なモニュメントのような建築システムは、コブと呼ばれ、砂、粘土や藁を混ぜ合わせたものを使って作られました。この手法で建築されるようになってから、土づくりの木枠なとが必要としない建物が作られるようになりました。様々な天然素材を使った建築方法は、レンガ、木骨造り、むしろ、薪などの建物に、コブのような混ぜ物を石工やコーキングとして使うようになりました。色々と実験してみると、地球の主成分は建築材であるとも言えます。

練り土

自然は偏っていません。多くの人たちが竹を買える訳ではありませんし、間伐材やコブのようなほかの素材を入手できるとも限りません。ですので、建築家は持っている物を利用します。このような建築家たちは、練った土を使って家を作ります。このようなタイプの家を建築する際の一時的な壁として型を使って土の混ぜ物で形成し、感触に変化を加えるために土を混ぜたりします。型は木製でなければならず、細かい振動にも耐えられるように固定されていなければなりません。これは、練り土で家を作ろうとしている人は、必ず覚えていなければいけない事です。練り土の壁は違ったタイプの土で作る事ができますが、粘土質の土が多すぎると、表面にひび割れができたりして、長い時間の間には、壁が壊れてしまいます。

土嚢

陸軍の野営地域を通り過ぎる時、積み上げられた土嚢を彫って作った窪地を見る事ができます。これらの窪地は、土嚢がどれだけ頑丈な物で、陸軍によって使われているのかが分かると思います。レンガ造りの建造物と変わらない強度があると言われています。ここで、土と土嚢で家を作れるのかと言う質問が出てきます。土嚢は、先に積み上げられていた物の上に更に積み重ねる事により、上から圧力をかける形となります。モルタルを使う必要はありません。このような手法で作られた建物は、大抵ドーム型の屋根になっています。土嚢は少しずつずらして積み上げ、屋根をドーム型に仕上げます。頑丈さと精密に編まれた袋が頑丈な壁を作り出します。

半地下

地下生活のような半地下の家は、防音効果もあり、熱効率も良く、防火効果もあります。希望であれば、地上に作る事もできます。半地下の住居は、太陽光や新鮮な空気を取り入れるための窓が付いています。基本的に壁や天井がホビット族の家のように土で作られています。

この家にはチャレンジしなければいけない課題もあり、一つは、どのように排水システムを作るかです。ですので、このような家を作る際には、軟らかく浸透性のある土のある所に作る事をお勧めします。そうすれば、水は排水されたり吸収されたりします。

日干しレンガ

もっとも古い建築法の一つが日干しレンガで、日干しレンガの家は土で作られています。日干しレンガは、粘土、水、砂、そして藁などを混ぜてレンガの形にして作りいます。型にはめた後は、乾燥の為に天日干しにされ、完全に乾燥したら型から外されます。このプロセスは時間がかかる事がしばしばで、乾いた土は収縮しますので、壁として使う前に、きちんと長さを測っておく必要があります。そうすることによって、後々のひび割れを防ぐ事ができます。この手法では、乾いた天候が条件となります。日干しレンガは一般的なレンガのように並べられ積み重ねられます。レンガの接着には、土のモルタルを使います。日干しレンガの家は頑丈ではないので、地震の多い地域には適しません。

成形されたレンガやコンクリートの厚板で家を作るのは簡単ですが、天然の石を使ってスタイリッシュな 家を作る事もできます。石壁は断熱効果があり、外の温度を吸収し石の内部に保持し、その後に屋内に放出します。石は、砂や粘土や石灰岩等の練りもので接着します。

Today's Top Articles:

You may also like