Home Uncategorized ”3Dプリンタ”技術は次世代の産業革命を起こすか

”3Dプリンタ”技術は次世代の産業革命を起こすか

by admin

今からさかのぼること2009年、マサチューセッツ工科大学のピーター・シュニットは3Dプリンタで時計模型を作り出しました。多少正確性にばらつきはあったものの実際に動かすこともでき、この技術を応用することで現代の科学者たちはこの先の世界経済に大きな影響を与えることができると確信しています。「3Dプリンタ」と呼ばれるこの技術は、一部の専門家の間では21世紀の産業革命を起こすことも可能であるとしていて、別名「アディティブマニュファクチャー(添加物を使用した商品づくり)」と呼ばれています。

近代産業は木材や鉄、プラスチックから必要成分を厳選してモノづくりをして来たため、90%ほどの使用しない部分は捨てられる運命でした。

一方、3Dプリンタはソフトウェアから発せられる情報に従って紙にインクで印刷するようにプラスチックや鉄の成分を層状に吹き付けていくもので、少しづつトレーの高さを調節しながら一層ずつ作られていきます。

液状化できる素材であれば何でも使えますので、チョコレートで模型を作り出そうとしたケースもあるくらいです。このシステムは材料の無駄を一切省き、普通の産業技術では簡単には作ることのできない模型デザインも簡単に作り出すことができます。

年を追うごとにこの技術は進み、毎年26.2%以上の割合で業界は成長を進めています。2016年までには総収入が30億に達する見込みで、現在はドレス模型や詰め歯の型など、いろいろなケースに使用されています。

Today's Top Articles:

You may also like