Home Green [email protected] Daisy 12:レトロなランプのかさにプラスチックのボトルを再利用

Daisy 12:レトロなランプのかさにプラスチックのボトルを再利用

by admin

リサイクルするという発想は、デザイナーがその材料に関連した作業をしていなければ思いつかないことかもしれません。イギリスのデザイナーのサラ・ターナー氏は、使用済のペットボトルから面白いランプのかさを設計しました。ペットボトルをサンドブラストして、白いポリプロピレン・シートと緑のポリプロピレン・シートにします。

Daisy 12 - Plastic Bottle Table Lamp

デザインだけに注目していると、使用される材料が再利用であるとは決して思わないでしょう。部品的に使用するペットボトルは、設計に必要なサイズにカットして整えます。デージー12と名付けられた上写真のランプのかさは、レトロでスタイリッシュなデザインです。

デージー12は、ラズベリーやスミレ、ライムグリーン、レモンイエローなど様々な色があります。その上、デザイナーは電力効率の良い電球を各ランプに取り付けました。イギリス国外から注文を受けた場合は、その国の標準プラグに合ったものに変更してお届けします。

ターナー氏のデージー12は彼女の創造的なコンセプトのうちの一つです。彼女のサイトを訪問すると、リサイクル材料で作成した、たくさんのアイデア品があることに驚かされるでしょう。コーラ30は、ランプのかさと同様に、30本のコカ・コーラのボトルを使用して作ったシャンデリアです。ブルーベル6は6本の使用済のペットボトルをサンドブラストしてから淡青色に吹きつけています

ごみ問題が大きくなりつつある今日にもかかわらず、ターナー氏のような努力と挑戦が報われるように、それらを使用してくれる人がいてくれることを望みます。作品は美しさに加えて、とても機能的です。個人の、このような再利用の取組がごみ問題を解決する第一歩なのです。

Via: Etsy

Today's Top Articles:

You may also like