移動ホームコミュニティーのエコ利点とは

人間の生活には「家」が不可欠です。シンプルな家もあればエレガントなものもあり、安いものや高い家など、予算に応じて違いが出てきます。昨今の経済状況では移動式ホームという選択肢も好まれてきています。つまりは家の基本建築部分だけしかお金が払えないからです。移動式ホームは「トレーラー」や「キャラバン」とも呼ばれ、工場で作られた後はどこにでも持って行って住宅として使用することができるのです。

移動式ホームは通常車の後ろに引っ張られる形で移動し、だいたいは一箇所に留まっていることが多いのですが、いつでも移動させることが可能です。一人でも多くの人が「家」を持つことができてしかもそれで旅行にも行けてしまうというのは画期的です。最近では移動式ホーム用の駐車スペースができてきて、そこに集まる移動ホームオーナーによるコミュニティーまでも出来上がってきて、安くて便利でそれでいてプライベートも守られた改装も簡単なこの移動ホームに注目が集まっています。

求めやすい値段

土台部分を含まないために通常の家よりは建築費は安く、中古の家では一平方フィート$15から$20が相場です。年間所得25000の家庭では家賃は月$600が基準になり、このような場合は移動式ホームが適しています。購入が現実的になって品質も問題ありません。特別に高級キャビネットやタイル式フロア、壁やカーペットの素材などにはこだわらずに、家の基本設備を求めるだけの場合にはまさにこれがぴったりです。くりかえしますが、シンプルだからといって質は妥協されていません。基本はしっかり押えられています。

利便性

移動式ホームの利点には生活費の節約がありますが、もう1つは建築の速さと利便性が挙げられます。例えばホリデーに旅行に行く時などは移動が大変便利でホテルやモーテルをおさえる必要もありません。したがって宿泊代を節約することができるのは大きな利点ですし、一般には宿が無いような場所にでも宿泊することができます。

プライバシー

賃貸アパートとは違って完全独立した形態が特長です。つまり壁や天井から音漏れがしてくることがないのです。移動式ホームにはガーデンもありますしペットも飼えます。近所の住民も選ぶことができてお互いを尊重してプライバシーを守った生活ができるため、その人気は衰えることを知りません。

改装のしやすさ

基本的には靴箱と何ら変わらない建築構造です。基盤が無くただ鉄のシャーシに木製の床が付いているだけです。これに壁と屋根を取り付けただけの簡単設計で、経済的に建築できるうえに水周りの修理や電気系の改修もシンプルな構造のゆえに大変簡単です。インテリア壁は基本的に飾り用ですからこれも自由に取り替えたりしてデコレーションすることができます。

経済的な移動式ホームは近い将来住宅投資の中心を担うことになる可能性を秘めています。環境にやさしいコミュニティーの形成も奨励し、安くて快適な新しいカタチの「家」をここに見ることができます。

Today's Top Articles:

Scroll to Top