Home Uncategorized エコな車: ホンダ EV-STER コンセプト

エコな車: ホンダ EV-STER コンセプト

by admin

大いなる期待が高まる中、遂に日本の自動車メーカ-ホンダは東京モーターショーで、スポーツコンセプト「EV‐STER」を発表しました。しかし、そのコンセプトに描かれたイメージはモーターショーで正規にデビューするずっと前に、発表されていました。コンセプトは新しいモデル、スタイリッシュなデザイン、未来に備えた動力、洗練されたインテリアを特徴としています。また、100%電動で走行します。この車の特徴は従来のステアリングメソッドとは全く異なるステアリングシステムです。 ホンダはまたEVスターに加え、他の2つのコンセプトを発表しました。東京モーターショーは2011年12月3日から12月11日まで開催されます。

環境を配慮したマシーン

ホンダEV-STERは電池を用いて100%電気エネルギーを利用するように設計されています。 その車は運転手を含め、2人乗り用です。比較的軽量なボディのデザインによって、車が動力の均衡をうまく保てるようになている。前のダッシュボードは魅惑的で、迫力のあるマシーンにもかかわらず、上品さを加味しています。目立たないデザインは前面でコンセプトに完璧な空気力学的な形をつくります。しかし、優れた特徴はボディの後方でみられましす。実際、正にテールライトから空気穴まで、一つ一つの特徴は後部において非常にうまく設計されています。

Honda EV-STER Concept

エコである要因

コンセプトは完全に電気を基準としていますので、かなりのスペースが電池と電気モーターで占められます。電力は蓄電容量10kWhのリチウムイオンバッテリーから得られます。メーカーによると、EV-STERは一回の充電で約160kmという航続走行距離に貢献しています。電池は200Vソケットの電源出力で3時間以内に再充電が可能でしょう。しかし、100Vの電源出力で、電池を再充電するのにかかる時間は2倍になします。結果、EV‐STERが短距離旅行用の多用途性を備えているにもかかわらず、市内の毎日の通勤へと制限していまいます。

パワートレイン

ホンダEV-STERはフル充電で最大航続距離160kmという驚くべき走行距離を実現する電気のドライブトレインを搭載しています。 EV-STERは後輪駆動です。リチウムイオンバッテリーは最高速は160km/hの動力容量があります。この車はわずか5秒に0から60マッハを進むことができますので、電気をベースとしたコンセプトにとって、非常に魅力的なことです。懸架装置についてはまだ公表されていません。

高さ

EV‐STERの力強いデザインは車愛好家を魅了するだけでなく、車両の空気力学的な性能が上がりますす。レバーとハンドルのタイプステアリングシステムの導入はとてもユニークで、運転する喜びを感じ、楽しめるようにデザインされています。 インテリアは様々な機能や指標を使って、ドライバーに継続的に情報を提供するよう上手くデザインされ、カスタマイズされています。実際、ドライバーの座席は明るいネオンライトと白で彩食されていますので、ドライバーに責任を感じさせ、ドライブにふさわしい気分にさせるかもしれません。 テールライトはつやつやしており、創造的なデザインです。車両のヘッドライト、サイドライト、テールライトからの全体のブルーの色調はよい印象を与え、賞賛べき車になるでしょう。

マイナス点

コンセプトが発表されたばかりですので、車の欠点や限界を議論するのは早すぎます。しかし、サンルーフがないのは見栄えがしません。提示された走行距離範囲がとても限られていますので、その点もこの車の大きな不利な点でしょう。電気自動車に見られる共通の問題点のいくつかはこのコンセプトでは除かれていません。つまり、この車は他の電動自動車モデルのうちの1つにすぎないとみなされるどいうことになります。ステアリングの特徴以外は、このコンセプトで利用可能なオプションのほとんどが他のモデルで既に人気があります。

コストと有用性

今のところコンセプトのみは公表されてきました。メーカーはこのコンセプトにかかる費用については一言も述べていません。また、この車がサンルーフ付きのオープンカーとして使用可能かどうかについても明らかにされていません。しかし、コンセプトはとてもよく設計されており、驚異的なステアリング機能を保持しています。 このモデルの生産バージョンは運転席に座ることにおいて人々の考えを変えることになるでしょう。

ウェブ上の言葉

伊東孝紳さん(本田技研工業株式会社 代表取締役、社長執行役員)がおっしゃるには、

“我々は現在発展途上である高性能スポーツモデル等の様々な新しいモデルを近い将来においての市場導入にむけて、継続的に紹介していきます。

インサイドラインは以下のように言っています。

“ホンダは設計スランプを振り払うことができるだろうか?

何を言われようとも、ホンダ EV-STERは生産バージョンをリリースし、新しいドライブ体験を作り出しすことでしょう。 しかしながら、このモデルの予想される範囲や成功は完全に、車の価格と、世界中の人々にとって入手できるかどうかの可能性に依ります。

Today's Top Articles:

You may also like