Home Uncategorized バイオプラスチック:利点、欠点、汚点

バイオプラスチック:利点、欠点、汚点

by admin
石油系プラスチックによる環境破壊や健康被害に対する関心が非常に高まっている中、地球規模産業は植物系の代替品
(バイオプラスチックとして知られる)を視野に入れています。バイオプラスチックは、トウモロコシやジャガイモのでんぷん、大豆タンパク質、セルロースそして乳酸などの再生可能原料に由来しています。バイオプラスチックは合成プラスチックと違い無毒性であり、製品のいくつかは簡単に分解され水やバイオマスそして少量の二酸化炭素になります。バイオ燃料は長い間存在していますが、環境問題や油の価格の高騰によってここ10年ほどは商業利用に特化されてきました。バイオプラスチックには相対する合成プラスチックよりも多くの利点がありますが、いくつかの懸念も存在します。

1. 利点      

Environmental benefits

バイオプラスチックは環境に優しいという認識から、その適用の幅は拡大しています。この生分解性のプラスチックは近年、買い物袋、梱包材、カトラリー、除草フィルム、食品提供用製品、魚網そして多数の類似した製品の製造に広く使用されています。この重合体は毒性がなく環境に優しい素材であるため市場に頭角を現してきています。木や植物そして他の有機材料などのバイオマスは全てが再生可能でありバイオプラスチックの製造に不可欠です。

生分解性プラスチックはさらに進んだ分解が可能であり、再利用されない場合においても短期間の内に土中に吸収されます。分解課程は素早く、バイオマスと水を放出して有害な炭素放出は最小限です。バイオプラスチックの製造過程は温室効果ガスを排出しないため環境に被害を及ぼす原因にはなりません。また、相対する生分解性のない製品に比べて製造過程に必要なエネルギーは約半分です。

将来性      

生分解性プラスチックの利用はさまざまな生態的利益をもたらします。従来のプラスチック製造に比べて、大気中の有害物質を大幅に増やすことのない低公害な方法によって製造しています。石油のような化石燃料を使用する従来のプラスチックとは対照的に、バイオプラスチックはこうした再生できない油に頼って製造していません。バイオプラスチックは破棄された後に水と有機物に朽ちて土壌に入り混じり土を健康にします。費用対効果や処理問題といったいくつかの懸念に適切に対処できればバイオプラスチックの将来は明るく期待できるものになりそうです。

2. 欠点     

Metals leftover

バイオマスを使用して製造していることから、この植物由来のプラスチックは環境問題に関心の高い人たちにとっては環境対応製品のように見えるようですが、その製造には化石燃料が供給するエネルギーが必要であるためあまり環境に優しいとは言えません。この素材は家庭内ではなく堆肥化施設でのみ堆肥にすることができます。国内のこのような施設は限られており施設の利用のしやすさには問題があります。バイオプラスチックに使用するバイオマスは栽培しなければなりません。主要なバイオマスである遺伝子組み換えのトウモロコシや大豆には有毒な農薬を撒かなくてはならず、これが環境汚染や土壌汚染の一因となります。たとえオキソ生分解性プラスチックバッグがマンガンやコバルトそして鉄のような有害金属を極少量含み堆肥化が可能だとしても残留金属は環境に被害を及ぼすかもしれません。また、バイオプラスチック製のプラスチックバッグは一般のプラスチックバッグほど強度がなく、水分にも弱いためバイオプラスチックの使用は制限されます。

改善の可能性     

バイオプラスチックの製造にはさまざまな方法があるため堆肥化可能なプラスチックには多様な特質や特性があります。生分解性プラスチック製造のほとんど全てには再生可能な有機物を使用します。また、バイオプラスチック市場は今の所非常に小規模なため堆肥化施設はどこにでもあるわけではなく、廃棄に関する問題が残っています。化学者たちはバイオプラスチックをより費用効率が高く環境に優しくするためのさまざまな方法を模索中です。

3. 汚点      

High toxicity

バイオプラスチックはリサイクル前に他のプラスチックから分離する必要があり、適切に処分しなければごみの量を増やすだけになってしまいます。また、不適当な分解方法はメタンや二酸化炭素そしてオゾンを破壊する化学物質などの毒素類を大気中に放出することになります。また、バイオプラスチックの加工に使用する殺虫剤や肥料が主な発生源である発がん物質や酸性化なども生態毒性です。

多数の批判を受けて        

環境への懸念が高まり石油の供給が縮小する中、バイオプラスチックは期待の代替品と認識されています。バイオプラスチックはその費用に関連した理由と2、3の不利な面に起因して広範囲に浸透してはいませんが、その前途は有望です。欠点は別にして、一般的な石油系合成プラスチックの代わりにバイオプラスチックを選択することは間違いなく環境保護に役立ちます。

結論       

バイオプラスチック業界の今なお進行中の発展は、改善に向かう大きな可能性をうかがわせます。廃棄の懸念や基本的施設の問題そして生産設備や堆肥化施設の不足はバイオプラスチック市場の成長にとっては大きな課題になりえます。ただ、バイオプラスチックの定着は否定できず、将来的にはプラスチック業界でのシェアを伸ばすことになるでしょう。

Today's Top Articles:

You may also like