Home Uncategorized 環境にやさしい巨大建築物: クパチーノにおけるアップルの新キャンパス

環境にやさしい巨大建築物: クパチーノにおけるアップルの新キャンパス

by admin

巨大建築物

クパチーノにあるアップルの新キャンパスについての新たな詳細が伝えられ、この建築物は壮大なものであることが明らかになってきました。その形から宇宙船と呼ばれるこのキャンパスは、想像を超えて遥かに巨大です。この建物は、アップルの製品がデザインされ作られる場所にふさわしい場所でしょう。これは、スティーブ・ジョブズがアップル製品に求めていた精確さにも適合しています。新たな巨大建築物が、地平線から姿を現そうとしています。

New Apple Campus

何がメガなのか?

より丹念に見ることで、クパチーノにあるアップルの新キャンパスの巨大建造物の構造の側面が分かります。会社の面積は、265万平方フィート(約795平方km)の広さに及んでいます。ソーラー屋根は、約5 MWの電力を発電しています。 複雑にデザインされた円状の建物は、13,000人の従業員が利用しています。少し変わっているのですが、この円形の建物によって、建物全体の周りの窓ガラスがカーブを描いているのが独特な点です。6000本以上の木が円形の建物の中心部に植えられますが、これを完遂するのに5億ドルの費用がかかる予定です。

事実

a. デザイン

カリフォルニア州クパチーノに建てられたこの巨大建築物は、フォスター・アンド・パートナーズ社によってデザインされています。ロンドンを拠点とするこの建築会社は、幅広い賞賛を受けています。例えば、香港国際空港や英国博物館は、同社の素晴らしいクオリティの建築を実証しています。アラップやキア&ライトも、デザインにおけるチームの一員です。

b. 見積もりのコスト

控えめに見積もると、およそ5億ドルです。しかし、それ以上を要すると言われています。

c. 目的

クパチーノにあるアップルのキャンパスは、この商業ビルが2つ目になります。完成すれば、13,000人の従業員が送られます。想定されている計画では、わずか20%のみが建物になり、残りの80%は緑に覆われることになります。建物の屋根には全てソーラーパネルが敷かれます。建物には、R&D(研究開発)パーク、フィットネス施設、何千万もの人を収容する講堂が設置される予定です。屋根にソーラーパネルの付いたマルチレベル駐車システムによって、ソーラーパネルの範囲内の面積が増えると同時に、アスファルトの使用を軽減することができます。再生可能エネルギーやそうでないエネルギーを通して自ら電力を発電し、故障の場合には送電網が二次的オプションとして機能します。

d. 表面積

キャンパス全体は、約265万平方フィート(約795平方km)になります。

e. 建設期間

2012年に建設が始まります。2015年に完成される予定です。

環境への配慮

このプロジェクトの驚くべき点は、環境への配慮です。これにはいくつかの理由があります。

1. 汚染物質を生まない発電Pollution free generation of power

約5万平方フィート(約15km平方メートル)の建物全体の屋根は、エネルギーを発電するソーラーパネルを搭載します。自然ガスによって生まれたエネルギーと共に、このエネルギーは、オフィス全体が必要とする電力を賄います。供給が失敗した場合は、送電網からの電力が代わりに導入されます。生産される太陽エネルギーは、およそ5 MWになると見込まれます。この数値は、最も高い効率性の太陽エネルギー製造建築物と同様になると言えます。アメリカ国内だけではなく、世界の最良の施設に匹敵します。巨大建築物のエネルギー発電プロセスは、環境に害を与えません。

2. 緑の供給

植物が植えられる広さは、建物が建築される広さの4倍です。これにより、現在の数値より60%の増加が見込まれます。従業員が職場においてリラックスできるよう、このような緑の空間がキャンパスに設置されます。

3. 環境への影響を最低限にする試み

この施設に使われるアスファルトの量は、現在の使用量より90%の減量が見込まれています。アップル社は、新たなキャンパスが街の交通や空気に与える影響への不安を軽減することに努めています。さらに人々は、環境にやさしい巨大建築物の建設が街に与える影響について、明確な回答を望んでいます。市議会は、影響分析を実施しています。ソーラーパワー発電と緑が置かれる空間を考慮すると、どれも建設上の問題にはならないでしょう。

Today's Top Articles:

You may also like