海軍の使用を目的とした再生可能エネルギー

歩兵部隊の進行の際に指令本部と衛星、レーダー、ワイヤレスコンピューターなどによる接続が上手くいかなければ失敗の元で、実戦の場合には生死にかかわります。

歩兵部隊の安全を考えて、海兵部隊の研究センターは新しいコンパクト移動式太陽発電機器を開発しました。小さくたたんで簡単に持ち運びが出来、設置にも時間がかからず敵から発見もされにくいのです。このシステムは通称GREENSと呼ばれています。

この技術の開発の背景には2008年にイラクよりアメリカ軍に要請された、携帯式発電機器による再生利用可能エネルギーの利用の実現化という計画があります。

システム

GREENSは太陽放射線を電気に換えることのできる300ワットのハイブリッド電池発電機です。充電式の電池も装備されていて、必要に応じて電気を貯蔵し利用することができます。すでにガスやディーゼルによって発電機を動かせるようになっていますが、一番の要因は低コストと便利さです。

1.コスト

$200億もの予算が防衛省のエネルギーに費やされています。しかし、ガスとディーゼル資源は急速に消滅しています。また、戦地のど真ん中で給油はできません。

2.利便性

使用に手間がかからない技術が優れた技術です。燃料式発電機は使用がやっかいで、メンテナンスを少しでも間違えるとすぐに故障の元になります。このようなことを心配しなくていい点でGREENSが優れているのです。

GREENSの利点

1.コストパフォーマンスの高さ。必要なのは初期費用のみ。
2.ガス・ディーゼル容器の必要なし。
3.メンテナンスに特殊技術を必要としない。
4.折り畳みが簡単
5.丈夫で荒い取り扱いにも耐えうる仕様。
6.摂氏200度などの極端な温度下でも稼動可能。

Today's Top Articles:

Scroll to Top